2016年01月30日

新春イベントでプラレール Part.3 レイアウト紹介 後編

レイアウト紹介 後編です。
Part.1 設営編はこちらPart.2 レイアウト紹介 前編はこちら

続いて一畳レイアウト&トミカシステムゾーン。
160130_15.jpg
先程のひな壇ゾーンから一部のコースがこちらに乗り入れてきて
上がったり下がったりしながら戻っていったり、
こちら側だけで周回するコースもあったりと、一畳レイアウトならではの面白さがポイント。

さらに、一畳レイアウトにめり込むトミカシステムが複雑さとボリューム感をアップさせています。
160130_16.jpg
トミカシステムには、カラフルなミニクーパーを走らせました。
走らせ続けてタイヤが汚れてしまって転がりが悪くなるとさすがに多少詰まったりしましたが、
そういう事象を除けばほぼトラブルフリー。
トミカシステムにミニクーパー、やはり相性がいいです。



こちらの最上階には、東京モノレールやディズニーリゾートラインを走らせました。
リゾートラインは知っている人が多いので喜んでもらえます。
160130_17.jpg
ドナルドダック マリンシャトルも走らせて、ささやかながらキャラクター並び。

「おまけ的に何か参加できるアトラクション的なものが欲しい」との依頼があったので、
本家プラレール博を真似して、プラレールあみだくじにもチャレンジ。
160130_26.jpg
スペースがある程度限られていたのと、なにせ本家も一部隠れてるので
どう作ったら面白くできるのやら、設計には少し苦労しましたが、喜んでもらえたので成功。
ちなみに景品は金ぴかプラレール・・・ではなく、お菓子でした(笑)

160130_9.jpg
定番のドクターイエローや阪急電車(この2トップは外せない根強い人気です!)をはじめ、
旬のE7系やカラーが目を引くE5&E6、あそBOYやサンダーバード、スペーシア日光詣号などなど、
ときどき車両を入れ替えながら、今回もたくさん走らせました。

160130_18.jpg
お休み中の車両は、展示スペースをかねた車両基地に留置しつつ、
2日間のイベントで2日とも来てくれるお子さんもいらっしゃるので、
1日目と2日目でも車両を一部入れ替えたりして、少しでも楽しんでいただけたかなぁと。

レイアウト全景や、細かい情景などなど。
160130_19.jpg 160130_20.jpg

160130_21.jpg 160130_22.jpg

160130_23.jpg 160130_24.jpg

160130_25.jpg

広い所でやると、いつもはできないことが試せたり、
少し情景を工夫する余裕があったり、勉強になることが多いので、
貴重な機会をいつも楽しませていただいています。

またぜひ次も!と、早速次回のお話も出てきていますので、
さらに喜んでもらえるものができるように、次はどんなことにチャレンジしようかなぁ。
posted by じゅん at 21:53 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新春イベントでプラレール Part.2 レイアウト紹介 前編

迎えたイベント当日。
Part.1 設営編はこちら

今回はミニ阪急電車も登場!ということで、
せっかくなのでプラレールと並べて写真を撮らせてもらいました。
160130_1.jpg
このミニ阪急電車、正雀工場という阪急の工場で社員さんが製作されているらしく、
使用している素材や細かいつくりにもこだわりが光っています。
また、列車の警笛(ミュージックホーン)はもちろん、
駅への接近メロディ、発車メロディも実物と同じ音が鳴ります。
各地のイベントに大人気で引っ張りだこなんだとか。
今回もたくさんのお子さんを載せて運転していました。(ちょっと乗りたかった・・・笑)

さて、話をプラレールに戻します。
まずは懸案だった、トミカシステムの急坂どうろを改修。
160130_2.jpg 160130_3.jpg
160130_4.jpg
さらに1箇所橋げたをキャンセルしつつも、
キャンセル用の地下直線を支える橋げたにもトミカシステムのルートを通せたし、
複雑さが増した一方で安定性が増したので、現時点での試みとしてはそれなりに満足。

プラレールもトミカも結構ギリギリなクリアランスで抜けていますが、
このギリギリ感もまた面白いかなぁと。
今後、プラレールとの組み合わせ方についてはさらに研究を重ねていきたいところです。

仕入れていた往復プラレール用のリターンレールも機関庫の部分にセットして、
賑やかしのギミックも追加。
160130_5.jpg

ということで、完成したレイアウト全体をご紹介。

リニア&赤いひな壇ゾーン。
160130_6.jpg
赤いひな壇から飛び出してきて目の前を駆け抜けるリニアライナーに、
お子さんだけでなく大人の方も釘付け。
160130_7.jpg 160130_8.jpg
往復プラレールやひな壇を行き交う様々な列車も見て楽しんでいただけたようで何よりです。

正面には高架駅の新幹線ホームと東京駅セットの駅舎を配置。
160130_10.jpg
ランドマーク的な情景があると、それも喜んで貰えるのでいいなぁと思います。
その上にある駅の積み重ねは、ちょっとしたアクセントに入れようとしたら
凹凸が合わない(駅が裏側を向いてしまう!)ことが判明したので、
ひな壇手前で凹凸を入れ替えて(凸凸)、
曲線駅で再び凹凸を入れ替える(凹凹)、という苦肉の策をとっています。
160130_11.jpg 160130_12.jpg
なので、本当はもう何段か駅を積み重ねたかったのですが、
凹凸の入れ替えが2段分しかできなかったのでこの規模に。
あとから思いつきで入れた計画性の無さが露呈してしまいました(笑)

最上階には話題の「フライングエース」を飛ばしてみました。
160130_13.jpg
白い橋脚にクリアホワイトのレールで飛んでるつもりですが、どうでしょう?

160130_14.jpg
そして、どうしてもタワーの内側しか場所が無かったのでひっそりと、
実は船も走らせていました。意外と気が付いてもらえたので良かったです(笑)
「にぎってくるくるお寿司屋さん」のもので、これもクリアブルーのレールで水に浮いてるつもり。



レイアウト紹介 後編に続きます。
posted by じゅん at 12:35 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月25日

新春イベントでプラレール Part.1 設営編

いつものマンションギャラリーからまたイベントに呼んでいただいて、
プラレールの展示をしてきました!

昨年から今まで2回ほど呼んでもらっていて、
毎回楽しみにしてくれているお子さん達も多いそうで、ありがたいです。
その分、期待に応えるべく毎回レベルアップしないといけないので大変!(笑)
過去2回の様子は こちら→1回目2回目

ということで、設営編からレポート。
今回の目玉は、前回開催の時に期待の声が大きかった「リニアライナー」を組み込むこと。
走っているところ、浮いているところがちゃんと見えて、かつ
見た目も華やかにしたかったので、恒例の赤い「ひな壇」の下から駆け抜けてくる場所で、
東京駅を模した高架駅と組み合わせられるようにすることに。
160125_1.jpg
手前側には、ひな壇の形をそのまま延長する形で一畳レイアウトタワーを配置。
前の空いたスペースには、トミカシステムを組み込みます。

途中経過。
160125_2.jpg 160125_3.jpg

160125_4.jpg 160125_5.jpg
雛壇部分と一畳部分を行ったり来たりするルートを織り交ぜつつ積み重ねていき、
だいたい形が出来上がってきたところ。

さらに積み上げていって、プラレールの方はだいたい完成。
160125_6.jpg
あとは手前にトミカシステムを作っていきます。
いちばん手前の線路を、トミカシステムと共有するため、
プラレールの直線に対して3/4の位置に橋げたを置いています。
(トミカシステム直線1本=プラレール直線3/4本の長さになっています。)

いつもならプラレールとトミカシステムで一部を共有して満足するのですが、
今回はどうも、トミカシステムを組み立てながら
目の前にぽっかり空いた一畳レイアウトの開口部が気になって、

ここにトミカシステム通せそうだなぁ、なんて思い始めてしまい。
160125_7.jpg
最上階に大鉄橋を設置するために、その橋げた位置の関係で直線4本分の長さがある場所は
1-2-1(直線-2倍直線or坂レール-直線)の順にレールを設置するのですが、
以前からこの真ん中「2」の部分に通せそうだなぁと思っていたのです。

ただし、実際に通すとなると内部の構造がネックになるわけで、
手前から1本内側のレーンを支える橋げた(グレー)と、
奥にある斜め螺旋部分を支える橋げた(黄色)が邪魔をします。
160125_8.jpg

あとから思えば、手前側にあるグレーの橋げたは動かせた
(ここも1-2-1になっていたのですがその必然性はあまりなく、2-2にすれば良かった)ので、
その方が結果的に自由度が高かったかもしれないと思いますが、
その時はなぜかそれに気付かず、奥の橋げたの方を地下直線レールを使ったキャンセル技で潜り抜けることに。
160125_9.jpg
とりあえず中へ入って出るだけの安易なコースになってしまいました。
しかも急坂どうろからのそのままスロープなので、スピードが出すぎて安定性にも課題が。

納得いかず、その後もどうしたらいいかを考え続けた結果、
なんとか解決策を思いついてイベント当日の朝にレーンを小変更することになるのですが、
それはまた次の記事で。

とりあえずトミカシステムもなんとか一旦完成。
160125_10.jpg

どんな車両を走らせようかと思いを巡らせながら、本番へ続く。
160125_11.jpg

・・・の、前に、
設営から帰るとこんなものが家に届いていました。
160125_12.jpg
もちろん、当日はこれも使います!
posted by じゅん at 16:37 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月22日

今週末は!

今週末、1/23(土)と24(日)の2日間、以前から何度かお世話になっている
マンションギャラリーのイベントに出展します。
以前の物件は無事に完売したそうで、また新しくプロジェクトが始まるのだとか。
きっとプラレール効果・・・!ではないですね(笑)
また少しでも盛り上げられるといいなぁ。

設営を終えたレイアウトの様子。
160121_1.jpg
今回の見どころは、一畳プラレールの中に入るトミカシステムや、
ひな壇の下を駆け抜けるリニアライナー!
話題の赤い飛行機が飛んでいたり、船が走っているのもポイント。

1/23(土)限定ですが、なんとミニ阪急電車もやってくるそうで、
160121_2.jpg
プラレールとの2ショットを狙いたいところです!
posted by じゅん at 00:32 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年01月10日

元旦トミカ

今まで、関西住まいの私にとっては、お正月といえば「プラレール博!」だったのですが、
トミカ界隈の方にはどうも違ったようで、お正月といえば「トミカ!」なんだとか。
普段から限定トミカの企画・販売を行っている
「トイザらス」、「イオン」、「アピタ・ピアゴ」の3つの量販店が、
お正月にはいつもこぞって限定トミカを売り出すんだそうです。
どれも人気で、午前中にはもう売り切れてしまうのが常だとか。
さらにトミカショップのオリジナルトミカの新商品が発売。

元旦からプラレール博も「どうかしてるぜ!」とよく言われるんですが、
元旦からトミカ、しかも4種類の店舗を回らなければいけない、というのもどうかしてますね(笑)
なかなか大変です・・・そして最近トミカにも手を出してしまっている私としても、
ラインナップによっては見逃す訳にはいきません。

ということで、今年の1/1発売のラインナップはこちら。

アピタ・ピアゴ限定のトヨタ2000GTはお正月っぽくて限定モデルとしては魅力的だと思うのですが、
この手のカラーリング(非実在系)にはあまり興味が無いのでパス。
というか、そもそも近所にお店が無いので購入は困難です。
トイザらスとイオンはなかなか魅力的・・・

ただひとつ問題は、元旦はプラレール博と決めている(元日午後以降は例年混雑するため)ので、
その帰りにお店を回るとなると在庫が残っている可能性は低いだろうなぁということ。
幸い、トイザらスは事前にネットで予約購入ができて、
イオンはプラレール博からの帰りにダメ元で寄ってみたらまだ残っていたのでゲットできました。
トミカショップオリジナルも後日無事購入。それはまた次の記事でご紹介します。

ということで、「トイザらス限定 レクサスIS F CCS-R」!
160110_10.jpg
ちょっとメタリックが入った濃い青のカラーリングに、
つや消しのボンネットが引き締まってかっこいいです。

事前に購入していた通常バージョンのNo.107 レクサスIS F CCS-R
160110_11.jpg

No.100 レクサス IS F SPORTも一緒に並べて。
160110_12.jpg

あ・・・開封したてなのに、リヤのロゴが;;
160110_13.jpg

そしてダメ元で寄ったイオンに残っていた、トヨタ2000GT SCCAレーシング仕様。
160110_9.jpg
アメリカのスポーツカーレースシリーズに参戦した車両がモデルです。
フォグランプの部分がブラックアウトされていて独特の存在感がありますし、
カラーリングもよく似合いますね。

元旦発売のトミカ2種、どちらもお気に入りになりました。
posted by じゅん at 17:18 | Comment(0) | トミカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする