2016年06月29日

ウエリスサロンにしきた 七夕Festa2016

イベントのお知らせです!

“ウエリスサロンにしきた 七夕Festa2016”
7/2(土)・3(日)両日とも10:00〜17:00
兵庫県西宮市の新築分譲マンションモデルルーム「ウエリスサロンにしきた」の七夕イベントで、
プラレールのレイアウトを展示します!

160130_23.jpg
(写真は前回開催時のもの)

阪急電車はもちろん、話題のエヴァンゲリオン新幹線(500 TYPE EVA)やドクターイエロー、
季節ごとのオリジナル車両が素晴らしい、鳥取のべーやんさん(@kojimakabe0326)による
特製の七夕列車も走ります!
トミカシステムやリニアライナーもありますよ。
ぜひぜひ、お越しください!

アクセスはこちら→http://www.w-nishikita.jp/hayashida/map/index.html
posted by じゅん at 00:44 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月11日

183系「はしだて」と「はまかぜ」「きたぐに」

長いこと探し求めていながらなかなか縁が無かった車両をゲットできました。

183系「はしだて」
160611_9.jpg

2000年代頃に、当時まだ大阪の弁天町にあった「交通博物館」で売られていたような記憶があるのですが、
なぜその時に買っておかなかったのか・・・と悔やんでいた一品。
当時はどちらかといえばNゲージに夢中だったので、プラレールにはあまり目が向かなかったのです。

実車は「はしだて」だけでなく「北近畿」「きのさき」など様々な列車に充当されていたため
日常的によく目にする車両で、つい最近まで走っていたイメージがあるのですが、
この「JR西日本標準色」(と言うのかどうか、この塗り分けの正式な名称を知らないのですが)の編成は
2011年に引退、その後2013年には残っていた国鉄色の車両も全て引退しています。

馴染みもある車両ということでずっと探していて、
手に入れたらやりたいなぁと思っていたのが・・・
この並び。
160611_10.jpg
これが本当のJR西日本スペシャルセットだ!なんて。
同じくJR西日本標準色のキハ181系「はまかぜ」、583系「きたぐに」と。
2000年前後の大阪駅や向日町(京都総合運転所)を思い出します。
今はどの車両も引退してしまいました。

新金型の483系もリアルでいい出来だと思うのですが、旧金型の雰囲気も、割と好きです。
160611_11.jpg

今となっては懐かしい、いい雰囲気です。
160611_12.jpg
posted by じゅん at 04:13 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾鉄路系列 太魯閣&普悠瑪列車組

以前から気になっていた車両セットをゲット。

「台湾鉄路系列 太魯閣&普悠瑪列車組」
160611_1.jpg
台湾限定で販売されている、太魯閣(タロコ)号 TEMU1000型と
普悠瑪(プユマ)号 TEMU2000型のセットです。

160611_2.jpg
タロコ号、プユマ号ともに、台湾鉄路管理局(台湾国鉄)が運行する「自強号」
(日本で言うところの特急にあたるようです)として運行されている列車に充当されており、
どちらも台湾の東部幹線で活躍しています。
ちょっとややこしいのですが、種別が「自強号」で、
充当される列車の愛称としてTEMU1000型がタロコ号、TEMU2000型がプユマ号ということですね。
タロコ号が2007年に、プユマ号は2013年に運行開始しています。

160611_3.jpg 160611_4.jpg
右がタロコ号、左がプユマ号。
曲線区間が多い路線の速達化を目的に導入された経緯もあり、どちらも振り子式を採用しています。

台湾といえば日本の新幹線を初めて輸出した台湾高速鉄道(台湾新幹線)をご存じの方も多いと思いますが、
実はこのタロコ号・プユマ号も、生まれは日本。

160611_8.jpg
タロコ号はJR九州の885系をベースに日立製作所が設計・製作しており、性能も885系に準じています。
そういわれれば雰囲気が似ている気がしますね。
対してプユマ号は日本車輌製造が設計・製作。
営業最高速度が140km/hにアップ(タロコ号は130km/h)していて、
新幹線N700系でも搭載されている車体傾斜装置が導入されているのが特徴です。

160611_5.jpg 160611_6.jpg
タロコ号&プユマ号 サイドビュー。

かっこ良くて存在感があります。買って良かった!
いつか乗りに行きたいものです。
160611_7.jpg

これを機に、台湾新幹線700T型も欲しいなぁと思っているのですが、
残念ながら廃盤になってしまったようで、現地でも売っていないとのこと。
復活しないかなぁ。
posted by じゅん at 03:35 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月05日

「プラレール京急トリプルセット」

事業者限定オリジナルプラレールのラインナップが充実している京浜急行電鉄から、
新たなプラレール発売の報せ。
プラレール京急トリプルセットほか京急電車グッズ新発売!5月29日(日)「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」で先行発売

通常の赤色としては初?(205系と似ている気がする例のやつは除いて・・・)の製品化となる「600形」と、
待望の再販となる2100形のブルースカイトレイン、そして1000形のイエローハッピートレインが入った
「赤・青・黄」のトリプルセットです。
2100形は変わらずサウンド付きで復活なのも嬉しいところ。

(※京浜急行は伝統的に「○○形」を使用していますが、変換ミスで「系」としてしまっています。)

1000形イエローハッピートレインは持っているし、
単品販売を待とうか少し迷ったのですが、買えるうちに買っておこうと、結局「おとどけいきゅう」で注文。
160605_25.jpg

早速開封!
160605_26.jpg
何より買い逃して後悔することもう何年かわからないぐらいだった青い2100形を手にして、
喜びもひとしおです。赤い600形も、バリエーションが増えるのは嬉しいことですね。
(実車にあまり詳しくないもので、1000形との外観上の違いがよくわかりません・・・笑)

160605_27.jpg
1000形 イエローハッピートレインの行先は今回は「エアポート急行 羽田空港行」。

160605_28.jpg
600形 赤&青。赤の600形は「普通 金沢文庫行」。

160605_29.jpg
2100形 青&赤。青い2100形は「快特 品川行」。

手持ちの京急車両を並べました。
バリエーションも増え、JRを除く私鉄では我が家で一番の大所帯になっています。
160605_30.jpg
カラフルで楽しい車両基地になりました。

色別に整列。
160605_31.jpg 160605_32.jpg

600形&2100形。大満足のセットです。
160605_33.jpg
posted by じゅん at 23:58 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「彩都」のイベントでプラレール。阪急&阪神大集合!

プラレーラーの朝は早い・・・
大阪北部のニュータウン「彩都(国際文化公園都市)」で早朝5時半からの設営。

大阪モノレール「彩都西」駅前にある「彩都インフォ*ミュージアム」という施設で、
住民の方々が参加するフリーマーケットが開催されるのに合わせて、
プラレールを展示させてもらえることになったのです。

そこそこの広さの会場を使わせてもらえるということもあり、
何よりこのエリアといえば、篠山線でお会いして、その後万博もお手伝いいただいた、
ユッキーさんや暁さんの御膝元!ということで、一緒に運転会をやりましょう!と
お声掛けさせてもらったのです。
フリーマーケットは屋外なので雨天の場合は中止になってしまうため、
前日、天気予報に若干ハラハラしつつ、無事に開催が決定。

集まってくれたのは、ユッキーさん、暁さん、山田弘さん、かいなんさん、
西電さん、狂夜さん、木下さん、サロハさん、砂月さん。
(概ね登場順のはず・・・記憶が曖昧で、間違ってたらすみません。)

テンポ良い文体でとても秀逸な、山田弘さんのブログレポート:「彩の都でプラレール」

設営途中の様子。
160605_1.jpg

今回のポイントは、“異文化交流”(山田弘さんのブログから言葉をお借りしました)。
というのが、私以外の皆さんは車両工作派で、かつ運転会でのレイアウトはリアルさ重視、
複雑なポイントや長編成がたくさん収容可能な巨大ヤード(車両基地)が設置されるのが特徴。
かたや、私は立体系メインのレイアウト派で、普段楽しんでいる分野が少し違うのです。
なので、立体系タワーと長編成対応の走行レーン、巨大ヤードの組み合わせが、
レイアウトづくりにおけるポイントでした。

ユッキーさん:「フル編成の新幹線をぜひ全線高架複線で!」
私:「では、一畳プラレールで言うところの“雛壇”の下をズバッ!と通しましょう!
   あと、持ち込みレーン設置の要望が出ています。」
ユッキーさん:「それはせっかくなら、タワーの中を通したりしたいですね!」

みたいなやりとりをして何となくイメージを作っておいて、迎えた当日
イベント開始の10時ギリギリになんとかできたレイアウトがこちら!
160605_2.jpg
入口を入って向かって左手にタワー、情景を楽しみながら右手へ進むと、
秀逸な自作車両たちが堪能できるヤード群&賑やかなトミカタウンという構成です。

タワー部分については、通常の「一畳サイズ」より直線レール2本分長辺方向に長くなっており、
雛壇が飛び出してきているという形状になりました。

雛壇の下をフル編成の新幹線が行き交う複線高架!
160605_3.jpg 160605_4.jpg

雛壇からタワーへ戻る部分のジャンクション。
160605_5.jpg

少し空いたスペースには、車両基地を設置。
車両工作ができない代わりに、少しでも目新しいものを・・・と持って行った、
台湾限定の「タロコ号・プユマ号」などを並べました。
160605_6.jpg
ユーロスター、香港限定のエアポートエクスプレスと一緒に、海外型の並び。

そして、先ほどから写真にちらちら見えていますが、やはり抜群の存在感。
160605_7.jpg
トイ・ストーリー マニア!のウッディ橋脚も設置。
こちらも人気だったのですが、レイアウト内にはさらに上を行く個性的なものが鎮座しており・・・
それは最後にご紹介。

新幹線高架&在来線の線路に沿っていくと、隣には鉄橋ゾーン。
160605_9.jpg
奥を走る新幹線と手前の線路とに高低差をつけることで、
視線の見えがかりに考慮しつつレイアウトに変化をつける工夫がさすがです。
イメージは淀川沿いを東海道新幹線と阪急の線路が併走する大山崎あたりでしょうか。

そのまま進むと、一角に広がっているのがトミカタウン。
160605_18.jpg
ギミックが楽しい遊園地が人気を呼んでいました。キリンがかわいい。
そしてその横には赤い「観覧車」も健在。

160605_19.jpg 160605_20.jpg
街も細かく作りこまれており、様々なストーリーが展開されています。
宇宙人がいたり、動物園から逃げたしてきた虎がいたり、何やら怪しいものが色々あったりと、
気になるところはたくさんある街ですが、そういったものを探すのもまた楽しみということで。

何やら見覚えのある輸入車ディーラーもありました。元ホンダディーラーのようです(旗はご愛嬌)。
そして、私もひとつ、建物を持ち込ませてもらいました。
阪急&阪神系のコンビニエンスストア、「アズナス」です。
シールを作って貼っただけですが、せめてもの賑やかしになったでしょうか。

そしていよいよ、長編成対応の巨大駅&ヤードゾーン!
160605_21.jpg

こちらは阪急京都線「桂」駅&正雀工場のイメージだそうです。
160605_10.jpg 160605_11.jpg
160605_12.jpg 160605_13.jpg
160605_14.jpg 160605_15.jpg
160605_16.jpg 160605_17.jpg
今回は阪急電車や阪神電車を中心に関西私鉄の車両たちが並び、
時には阪急正雀車庫風になったり、時には阪神尼崎車庫風になったりと、
さまざまな表情を見せ、楽しませてもらいました。
実物に即したレイアウトの作りこみと、メンバー力作の車両の数々が効いています。
製品化されているラインナップだけではなかなかこうはいかないですね。

「彩都」は阪急グループが開発に関わる街ということもあってか、
阪急ファンの住民さんもたくさんいらっしゃるようで、来場のお客様も喜んでおられました。

160605_23.jpg 160605_24.jpg
私鉄車だけでなく、JRの人気列車「はるか」や「オーシャンアロー」も登場。
オーシャンアローは実物同様の振り子機構を持つこだわりの作品です。

最後に、今回最も(?)話題を呼んだのがこちら。
大阪モノレールと、太陽の塔!(ユッキーさん作)
160605_22.jpg
大阪モノレールはペーパークラフトを被せたもの、
怪しげな太陽の塔はなんと、サロンパス(塗るタイプ)からの自作!
言われてみれば確かに形が似ています。そこへ、腕をつけて、模様を描き、
胴体の顔はトーマスシリーズから・・・アイデアの勝利。
この太陽の塔は、間違いなく今回一の目玉だったと思います。

そんなわけで、初の試みとなった今回のイベントは大成功。
お客様にもご好評いただいて、次回をご期待される声も多かったそうで、嬉しい限りです。
個人的には、まずはレイアウトが無事にできてホッとしましたが、それ以上に、
Twitterやブログで拝見していた車両たちの実物を見られて、とても楽しかったです。

ご来場いただいた方、運営ご協力いただいたメンバーの皆さん、
関係者の皆さま、ありがとうございました。
posted by じゅん at 04:00 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする