2016年09月04日

夏祭りでプラレール in 桑名 Part.2 カメラカー前面展望

夏祭りでプラレール in 桑名 設営編から続きます。

迎えたイベント当日の朝。

レイアウトは無事に立っていました!
これを確認し、東京組の皆さんとはお別れ。
今回は航海長さん、べーやんさん&みなと君との、チーム西日本で運営なのです。

今回はカメラカーも持参していたので、イベント開始前に動画も撮影。
一畳プラレール内部。


高架複線エンドレス。長編成の新幹線とのすれ違いが楽しい。


空港アクセス列車の前面展望!見切れる飛行機がポイント。

昼間の映像だと、光の加減で飛行機がシルエットだけで残念・・・
夜の映像はこちら→一畳プラレール前面展望(Youtube)

夏祭り開始は夕方からなので少し時間もあったので、
倒壊の連絡に怯えながらもリサイクルショップ巡りをしながら過ごし、
少し日が落ちて過ごしやすくなったころからイベントがスタート。

160904_18.jpg 160904_19.jpg

160904_14.jpg 160904_15.jpg

160904_16.jpg 160904_17.jpg
たくさんの出店や、“とにかく明るい”某お笑い芸人さんのステージ、キャラクターショーもあり、
とても賑やかなお祭りでした。
プラレールの方もトラブルなく、無事に終了。

最後の撤収は3人で2時間ほど。
160904_20.jpg

この桑名が終わって、夏休みのイベントがすべて終了。
まっさらになった机を見て寂しさを覚えながら、
航海長さん、べーやんさん&みなと君と別れて帰路についたのでした。

160904_21.jpg
おっと、お留守番をしてくれた奥さんに、お土産を買うのも忘れずに。
家族の理解あってこその、趣味活動です。
posted by じゅん at 21:54 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏祭りでプラレール in 桑名 Part.1 設営編

お盆休みが明けた週末。
まだもう少し夏休みに浸りたい・・・!ということで、車に部材を満載して向かったのが三重県は桑名市。
今回は、某社さんの工場で開催される地元向けのお祭りへ出展のお手伝いです。
半月ぶりにぺたぞうさんと合流。そして地元三重県のじょにぃさんとも久しぶりに再会。
残念ながらじょにぃさんは設営には参加できずでしたが、お話しできて良かったです。
そして、ぺたぞうさん同様に半月ぶりのそーなん、ちびぺたさん、たっくんをはじめ、
千年亭ぶりのべーやんさん&みなとくん、4月の田原本ぶりの空転さん、航海長さんというメンバー。
東西の仲間と会える楽しい機会に、期待が高まります。

少し日が傾きだしたころ、イベントスペースで設営を開始。
160904_1.jpg
屋外なので、西日がきつい・・・暑い・・・考えてみれば屋外設営、初めてでした。
しかし他の皆さんは、暑さと戦い、寒さと戦い、風と戦い、雨と戦い、
数々の過酷な屋外設営をこなしてきた百戦錬磨のメンバーたち。
弱音を吐くわけには・・・あれ、プラレールってなんだ?

さて、今回の構成としては、一方では立体的な2畳サイズの島で意匠的に完成された「雛壇」をつくり、
もう一方では高架複線がぐるっと一周する平面を中心とした6畳サイズの「口」の字型の島をつくって、
上部で架橋するというもの。

ちなみに今回使用する部材は、べーやんさん部材と我が家の部材がメイン。
雛壇島を主にべーやんさん部材で、平面島を主に我が家の部材で制作。
ゆえに今回は雛壇がエコレールで構成されているのが特徴。
160904_2.jpg
見慣れた雛壇も、新鮮です。エコレール、明るくていいですね。
べーやんさん、そーなんの手によって、あっという間に雛壇が完成しています。

160904_3.jpg
平面島の方では、私が雛壇側と架橋するための一畳プラレールタワーを建てていき、
その間にぺたぞうさん、空転さんによって平面レイアウトの制作が進行。
160904_4.jpg

それぞれがひと段落したところで、高架複線の一部を跨ぐトミカシステムレイアウトの制作に着手。
ひと月ぶりのトミカシステムですが、前回ほどの戸惑いもなく、なんとか仕上がりました。
160904_5.jpg 160904_6.jpg

その間に、雛壇島と平面島の架橋も済み、レイアウトにバリエーションを添える
往復プラレールタワーの制作がそーなん君の手で進みます。
ほどなく航海長さんが合流し、リニアライナーの敷設と空いた部分を埋める路線の制作に着手。
160904_7.jpg

全体が見えてきたところで、風対策の倒壊防止施工(※去年は大変なことに)に入り・・・と、
素晴らしいチームワークでレイアウトが完成!
160904_8.jpg

おなじみ立体構造物の迫力に加えて、平面がミックスされた見どころたくさんのレイアウトができました。
レイアウト全貌を動画で。


長編成の新幹線がうねうね走る高架複線エンドレス。
160904_9.jpg

往復スイッチバックタワーやリニアライナーも走ります。
160904_10.jpg

駅&ヤードは、地元東海地区の車両や新型車両を中心に。
160904_11.jpg

リニアに乗り継ぎ可能な空港もオープン。
160904_12.jpg

ディズニードリームレールウェイの新製品、
「ニモ ラッキーフィン トレイン」と「ドリー クルージング エクスプレス」。
ニモ&ドリーの可愛らしい姿に一同大絶賛。
160904_13.jpg

設営と準備を終え、屋外で一夜を過ごすレイアウトが無事にもつかどうかドキドキしつつ、
夜は京都のプラレールカフェ「ぷらっぱーず」さんも合流し、楽しい合宿タイム。
プラレールキャンパス “プラッパーズ”(WEBサイト)
プラレールを通して輪が広がっていくのがとても嬉しく、ありがたいです。

いつものようについつい深夜まで話し込んでしまいましたが、
明けてイベント当日。さあ、レイアウトは無事に残っているのか!?

つづく。
posted by じゅん at 19:10 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原鉄道模型博物館と、時速約1000km/hのリニアライナー

グローバル本社ギャラリーを楽しんだ次は、
すぐ隣の横浜三井ビルディングに入っている「原鉄道模型博物館」へ。→WEBサイト

160903_48.jpg
原信太郎さんという著名な愛好家の貴重な作品・コレクションが展示されるほか、大きなジオラマもあります。
Nゲージ(概ね1/150)やHOゲージ(概ね1/87)のジオラマは博物館等でもよく見られますが、
「1番ゲージ」(概ね1/32)と呼ばれるサイズはなかなかあるものではなく、
ここで見られる規模は貴重。(一般公開されているものとしては世界最大級だとか。)
車両が大きいぶん、迫力もありますし、走行音も重量感があって楽しめます。

160903_49.jpg 160903_50.jpg
ただ、照明が基本的にずっと暗いのがちょっと気になりました。
一応明るくなったり暗くなったりを繰り返すのですが、割とせわしないのと、
暗い時間が圧倒的に長いのです。雰囲気としては暗めの方が確かにいいのですが・・・
まぁそういうコンセプトなのでしょう。

160903_51.jpg
精巧な模型をたっぷり見学したあとは、ビル1階のホールへ。

160903_52.jpg
ここでは、期間限定で、リニアライナーの巨大なコースが展示されていたのです。

160903_53.jpg 160903_54.jpg
「凹」の形で軌道が敷かれていて、全長約40メートルのコース。
数えたところ、長い方の辺で直線50本分でした。

160903_55.jpg
なるほど、これだけ直線を敷けばスケールスピード約1,000kmですか。覚えておこう(笑)

基本セットから5セット(10本)分買い足していますが、まだまだ足りないことを実感。
さらなる直線買い足しを目論むのでありました。
そのうちイベントでこのぐらい大きなコースを作ってみたいです。

あとは、車両の替えが欲しいところ。
イベントで走らせても大人気のリニアライナーですが、
バッテリー充電が必要なので連続走行に限界があり、
なかなか見られなくて残念な思いをさせてしまうことも多いのです。
単品販売を切に願う・・・
posted by じゅん at 00:21 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月03日

日産グローバル本社ギャラリーを訪問

さて、東京滞在中にちょっとお出かけ。
京浜東北線に揺られてやってきたのは「桜木町」。

駅を降りると、そこらじゅうピカチュウだらけ。
160903_22.jpg
みなとみらい一帯で、「ピカチュウ大量発生チュウ!」なイベントがやってたるようで、
大量のピカチュウとポケモンファンでいっぱいでした。

そしてこの日は「トミカ博 in YOKOHAMA」も開催。
新しいイベント限定品も気になるし、行けたら行きたいなぁとは思っていたのですが、
混雑ぶりの噂を聞いて諦め。内容じたいはゴールデンウィークに大阪で見たものと同じですしね・・・
「トミカ博 in OSAKA 2016」(プラレールタイム)

かわりに、みなとみらいに「トミカ・プラレールショップ横浜」があったのを思い出し、寄ってきました。
ここで「JJ」(※じゅんジュニア 名づけの経緯は→こちら)がしまじろうカーを離さなくなってしまい。
160903_23.jpg
量販店で割引価格で買えるんだけどな・・・と思いつつも(笑)、JJへの初めてのトミカ購入となりました。
この日は夜までずっと握りしめていて、そこまで気に入ったならまぁいいでしょう。

その後、ちょっとした用事を済ませて立ち寄ったのがここ。
160903_24.jpg
「日産グローバル本社ギャラリー」(→WEBサイト
日産自動車 グローバル本社の1階がギャラリーになっており、
現行車種から過去の車まで、様々な車両が展示されています。

160903_25.jpg
その他グッズの展示や販売も行われているのが、ファンには嬉しいところ。

160903_26.jpg
たま。
日産と合併した「プリンス自動車」の前身である東京電気自動車によって、
1947年に作られた電気自動車です。かわいい。

160903_27.jpg 160903_28.jpg
フェアレディZ NISMO。フェアレディZに一度は乗ってみたい。

そして、いまの目玉はやっぱり新型GT-R!
10月の新車として、トミカでも発売が予定されています。

160903_29.jpg 160903_30.jpg
こちらは トミカでいうところの初回限定カラーのシルバー。

160903_31.jpg 160903_32.jpg
通常品カラーとなるオレンジ。

160903_33.jpg
展示車両は内装もオレンジでした。

160903_34.jpg 160903_35.jpg
3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン。
GT-Rのエンジンは、「匠」と呼ばれる4人の熟練技術者によって、手作業で組み立てられています。
その証のプレートも設置。憧れます。

こちらは1972年から登場したC110型スカイライン、いわゆる「ケンメリ」のなかで、
1973年に追加されたGT-R(KPGC110)。
160903_38.jpg 160903_36.jpg
排ガス規制のあおりを受け、わずか197台しか生産されていない希少なモデルです。

160903_37.jpg
スカイラインの伝統として親しまれる「丸目4灯」のテールランプが採用されたのも、
この「ケンメリ」からでした。

160903_39.jpg
ギャラリーの一角には、開催中のトミカ博とタイアップしたコーナーも。

160903_40.jpg 160903_41.jpg
160903_42.jpg 160903_43.jpg
160903_44.jpg
これまでトミカで発売された日産車が並んでいます。

ギャラリーにはイベントスペースもあり、この日も何かイベントが予定されているようでした。
ステージ上には青いGT-R。この色もかっこいいなぁ。
160903_45.jpg 160903_46.jpg

外にもGT-R。試乗できるのかな。
160903_47.jpg

憧れの車をたっぷり堪能して、次は隣のビルへ・・・
つづく。
posted by じゅん at 23:38 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

251系「スーパービュー踊り子」の展望席最前列を堪能!

世間は夏休み。ということで、我が家もちょっとした旅行に出かけます。
最初の行先は、熱海。
新大阪から、乗り換えなしで行ける熱海停車の「ひかり」で出発です。
「ひかり」に乗るのは久しぶりだなぁと思いつつ、空いてるだろうし、
子連れだしちょうどいいや・・・なんて思っていたら、車内に入ってびっくり。

160903_1.jpg
外国人旅行者の方でいっぱい!見えてる範囲、8割以上が外国の方ばかりです。
なんだかこっちが海外旅行へ来たみたいな気分になってしまいます(笑)
そこで気が付いたのですが、外国人旅行者の方専用の「ジャパンレールパス」が
「のぞみ」には乗れないからなんですね。

160903_2.jpg
車端部に積まれたスーツケースの山、荷棚にもスーツケースがびっしり。
荷物が置きやすいようにと、端っこの1D・1E席を取っていたのですが、置く余地はありませんでした。
ベビーカー、持っていかなくて良かったです・・・

ただ、欧米系の方々ばかりだったので、車内は概ね穏やかに過ごせてひと安心。
そういえば、日本へ来て長距離を移動しながら複数地域を見て回るのはだいたい欧米系で、
アジア系の方はそんなに移動しないというか、バスツアーとかで周っている気がします。

160903_3.jpg
しばし異国気分を味わいながら熱海に到着。

160903_4.jpg 160903_5.jpg
美味しいものを食べたり温泉三昧したりで過ごして、そのへんは普通の旅行なので端折ります。

ちなみにこの頃ぺたぞうさん達は、この目の前に広がる相模湾の向こう側で
何やら楽しそうな砂遊びをしていました。

熱海で過ごした次は、東京へ。
160903_6.jpg 
熱海でちょっと「撮り鉄」しつつ、列車を待ちます。普段見ない車両ばかりで楽しい。
(鉄道写真の撮り方よくわからないので、素人写真でご勘弁を!)
160903_7.jpg 160903_8.jpg
異種併結が割と好き。

160903_9.jpg 160903_10.jpg
伊豆急8000系。元東急の車両です。伊豆急下田方はラッピング編成でした。

160903_11.jpg 160903_12.jpg
185系の「踊り子」号が到着。この車両も好きなので、見られて嬉しい。

そうこうするうち、乗車する列車が到着!
160903_13.jpg
251系「スーパービュー踊り子」号!
スーパービュー踊り子については、こちらもぜひご覧ください。
スーパービュー踊り子号(プラレールタイム)

そしてこの列車の・・・
160903_14.jpg
東京寄り先頭車の展望席をとっていたのです!あぁ、いい眺め!
子どものために〜なんて言いながら、一番楽しむズルい父なのでありました。

でも、後で楽しく思い出してもらうためにも、プラレールの「スーパービュー踊り子」も持参で乗車。
160903_15.jpg
正直まだよくわからないぐらいに小さい年齢ですが、何か覚えててくれるといいなぁ。
そしてもう少し大きくなったら、また乗せてあげたいです。

160903_16.jpg 160903_17.jpg
160903_18.jpg 160903_19.jpg
相模湾に面した海沿いの景色から、徐々に都会になっていく車窓、併走・すれ違いを堪能。
途中、京急の新型車両にも遭遇。

1時間ちょっとで東京駅に到着。
160903_20.jpg
あっという間の、楽しい時間でした。

また今度は伊豆急下田まで、たっぷり乗りたいなぁ。
160903_21.jpg
posted by じゅん at 18:22 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする