2016年12月31日

一年の締めくくりはプラレール忘年会と「スーパーはくと」で。

クリスマスフェスタが終わり、年内のイベントは全て終了。
ですが、もう一つだけお楽しみが。

「プラッパーズ」さんで忘年会をしよう!ということになり、
息子(通称「JJ」)と共に京都・伏見稲荷へ。
161231_1.jpg
イオンモール京都のポポンデッタさんのレイアウト夏の桑名でお会いしていたのですが、
お店の訪問はできていなくて、これが初めて。

・・・なのですが、とっても残念なことに、
諸事情によりこの場所での営業は年内で終了とのこと。
161231_16.jpg
しばらくは月イチの運転会や様々なイベントを実施されるそうです。
お店の再開を楽しみに待ちましょう。
ということで、名残を惜しみつつの忘年会となりました。

店内に鎮座する圧巻のレイアウトを眺めながらの宴会です。
161231_2.jpg

161231_3.jpg

161231_4.jpg

161231_5.jpg

161231_11.jpg
JJも釘付け。

航海長さんが持ってきた車両に大盛り上がり。
161231_6.jpg
海外版プラレールのTGV。
欧米では「PLARAIL」ブランドではなく「TOMICA WORLD」ブランドで販売されていました。
オレンジのTGVは日本でも販売されていましたが、シルバーのものは欧州でのみ販売。
オレンジのTGVとは、微妙に型も違うのと、何よりこの色がかっこいい・・・

当然、撮影大会に(笑)
161231_8.jpg

161231_7.jpg
こんなものも登場。
昔の特急電車で、今とは違って中身が見えないタイプの箱(通称「上下箱」)に入っています。
左上にあるトミーのロゴマークは1970〜1973年頃に使用されていたもの。

40年以上前の製品ですが、元気に走行しています。
161231_9.jpg

こちらはべーやんさんお手製、おなじみの季節列車。
先頭はクリスマスバージョン(ポインセチア)で、さくら、あじさい、ひまわりと続いています。
161231_10.jpg

忘年会を楽しんだあとは、京都駅で帰りの列車を待ちながら鉄分補給。
287系「くろしお」や、
161231_12.jpg

683系「サンダーバード」左側はプラレールで出たばかりのリニューアルタイプ。
161231_13.jpg

他にも、EF510の元北斗星(しかもプラレールになっている501号機でした!)牽引の貨物列車や、
終焉が近付く103系、湖西線の117系など、バラエティ豊かな車両たちを堪能しました。

そして、ちょっと贅沢に、京都から三ノ宮まで、特急「スーパーはくと」に乗車!
161231_15.jpg
先頭をゲットして、前面展望とともにディーゼル特急の快走や
快速電車とのデッドヒートを堪能しました。

161231_14.jpg
あまりに快適で、もっと乗っていたい・・・と後ろ髪をひかれつつ、あっという間に三ノ宮。
お気に入りの列車になりました。今度は鳥取まで通しで乗ってみたいなぁ。

かっこいい特急列車に乗って今年を締めくくり、いよいよ大晦日。
年が明けたら、新年はもちろんプラレール博から!
しっかり趣味を楽しむ一年にしていきたいと思っています。
今年お世話になった皆さま、どうもありがとうございました。
新年もどうぞ宜しくお願いします。
posted by じゅん at 18:46 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月30日

クリスマスイベントでプラレール

たびたびイベントに呼んでいただいている、西宮市のマンションギャラリー
「ウエリスサロンにしきた」のクリスマスイベントで、レイアウトを作ってきました!
161224_1.jpg

季節毎に趣向を凝らしたイベントが実施されていますが、
クリスマスに合わせて、サンタクロースとの写真撮影やオリジナルカップケーキ作り、
本格的なクリスマスコンサートまで!充実の内容です。
そこへレイアウトを作らせてもらえるということで、今回も気合十分に設営。

立体形だけでなくいつも以上に平面的な展開をしたいと思い、
机の上にスペースを捻出するため、この間の彩都同様に、
一畳プラレールタワーを床におろし、最後に架橋して机側と繋げるスタイルに。
161224_2.jpg

平面部分の制作に取り掛かります。
161224_3.jpg
新幹線や貨物の長編成、たくさんの車両が並ぶヤードが好きなのですが、
いつもはスペースがなく、なかなか取り入れられません。
今回はタワーを床におろしたおかげでスペースに余裕があるので、
平面部分は新幹線が走る高架複線&新幹線の車両基地をメインに広げることにしました。

だいたい出来上がったところで、設営日は終了。
161224_4.jpg

翌日、若干物足りなさを感じていた架橋部分のタワー積み増しして、ボリュームをアップ。
こちらが完成形。
161224_5.jpg

161224_6.jpg

タワー部分の中はこんな感じの眺めです。
161224_18.jpg

161224_19.jpg

平面側では、長編成の新幹線がS字にくねくねと走るのがお気に入り。
161224_7.jpg

念願の車両基地。
161224_8.jpg

久しぶりにプラレールアドバンスも展開。
161224_9.jpg

真ん中のスペースには、「ミッキーマウス&フレンズ アドベンチャーマウンテンセット」を配置。
ニモ&ドリーと合わせて、注目を集めていました。
161224_10.jpg

クリスマスっぽいものを、というオーダーがあったので、
赤白緑の橋げたとレール、サンタ列車でクリスマスタワー。
161224_11.jpg
イベントを盛り上げられてよかったです。

他にも、クリスマスを意識した色の車両をメインに走らせました。
161224_12.jpg

161224_13.jpg

161224_21.jpg

個人的には100系新幹線が一押し。クリスマス・エクスプレスといえばこれでしょう。
161224_14.jpg

そして話題のダブルカメラドクターイエローも導入!
161224_15.jpg

それはそれはもう大人気で、見せて見せて!と、なかなか離してくれませんでした(笑)
発売されて色んなメディアで取り上げられていた効果か、大人の方も興味津々。
161224_16.jpg
誰か、サンタさんに貰ったかなぁ。

やりたかったこともできて、とても楽しクリスマスイベントになりました。
161224_20.jpg

161224_22.jpg
posted by じゅん at 00:30 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月29日

軽バンプラレール再び

早朝の鳥取道を駆け抜け、今年何度目かの倉吉へ。
すっかり通い慣れてきた道です。

場所はこちら!北栄町の「青山剛昌ふるさと館」
161229_1.jpg

前回、普通の軽トラとコナンラッピングの軽バンの2台にプラレールを設置しましたが、
今回はコナンラッピングの軽バンがなんと2台!この荷台にプラレールを作ります。
161229_2.jpg
軽バンなので、風で吹き飛ぶ心配もないので安心です(笑)

待っていたのは、べーやんさん(@kojimakabe0326)と、スペシャルゲストの寅さん(@torasan583)。
寅さんはある目的のためにひっそりと「ステルス寅さん」となって、西日本へとやってきていたのでした。
その「ある目的」とはまた後ほどに。

いきなり余談を挟んでしまいますが、到着してすぐまだ誰もいない?と勘違いした私は併設の道の駅で買い物。
トイレを借りに寄ったついでに覗いたらあまりにも野菜が安かったものでつい・・・
野菜の高騰が叫ばれる折に、立派な野菜が、とってもお買い得。
161229_3.jpg
これだけ買って800円ぐらい!
道の駅「大栄」、青山剛昌ふるさと館とともに、ぜひお立ち寄りください。

この日は冷え込んでいたので、温かい飲み物で身体を暖め、いざ設営。
軽バンの荷台スペースを最大限活用してどう作るのがいいか、行きの道中で考えた結果、
「エビナスタイル」がいいのでは?と思っていたところ・・・
既にべーやんさんと寅さんによって予め準備された「エビナスタイル」の土台が。
161229_4.jpg
若干悔しさを感じつつ(笑)、自分の考えが間違っていなかったことにほっとしながら積み上げていきます。

161229_5.jpg 161229_6.jpg

エビナスタイル、なんとなく頭でわかっていても実際自分で作ったことはなかったので、
その習得を目標に黙々と手を動かしていき、順調に進捗。
161229_7.jpg 161229_8.jpg 161229_9.jpg 161229_10.jpg
やってみると色々わかってくるもので、同じくエビナスタイル初体験だったべーやんさんと楽しく設営していきました。

今回も、最終的に軽バン2台を繋いでいくので、架橋する段階で車2台の位置合わせ。
161229_11.jpg
縦方向だけでなく車両間隔の調整で横方向にも移動が必要なので、
3人で軽バンを押したり引いたり、なかなかシュールな光景。寅さんがすごく楽しそうでした(笑)

車両の位置を合わせて、地下直線レールを繋げたブリッジで架橋。
161229_12.jpg 161229_13.jpg

軽バンの窓から飛び出す地下直線レール。
161229_20.jpg

完成の目途がたったところで、お昼はご当地の牛骨ラーメン。
今回は「香味徳」へ。
161229_14.jpg
すっかり牛骨ラーメンにはまった感があります。

ラーメンで再び身体を暖めた後は、若干の飾りつけを終え、軽バンプラレール、完成!
161229_15.jpg

普通の一畳プラレール以上に、あっちへいったりこっちへ来たり、
161229_18.jpg
エビナスタイルならではのくねくねルートも面白いです。

助手席もしっかり使ったりして、楽しいレイアウトができました。
161229_16.jpg

161229_17.jpg 161229_19.jpg

レイアウト完成後は、倉吉線の廃線跡を探訪。
(じっくり紹介したい内容なので、これはまた、別の記事で改めてまとめたいと思います。)
161229_21.jpg 161229_22.jpg
夜には温泉で疲れを癒し、今度は寅さんを乗せて神戸への帰路につきました。


・・・と、話はここで終わりません。

翌日。
実はこの日、会社の用事で大阪へ来ていたトミプラ(@tomip113)を、
リサイクルショップ巡り、もといトミカ買い付けの旅にご案内する予定だったのです。

そこに、何の前触れもなく急に寅さんが現れたらトミプラはどんな顔をするのか?というプチドッキリ企画。
このために、寅さんは数日間居場所を隠し、(実は数日前から大阪に来て、鳥取へ足を延ばしていた)
軽バンプラレールの設営では私もべーやんさんも寅さんが写真に写りこまないように(アップしないように)徹底していたのです。

そしていざ、とある駅から電車に乗った・・・と同時に寅さんが登場。
予想だにしない出来事に、さすがに目を真ん丸にして言葉を失うトミプラに種明かし。

もとより寅さん自身も大阪へ来る予定があって、予定を調整できたからこそ実行できたこのドッキリですが、
当日種明かしをするまではずっと、笑いをこらえるのが大変でした。
関係者のみなさま(本人以外の周りはみんな知ってた)、ご協力ありがとうございました。

そしてその日はわいわいと中古屋さんを巡って楽しい週末を終えたのでした。


最後は相当、怪しかったと思うけど。
161229_23.jpg
※コインパーキングの照明を頼りに買ったものを仕分ける様子
posted by じゅん at 01:12 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月03日

プラレールアドバンス新製品&プチジオラマ

久しぶりに、思い切ってアドバンスシリーズを増強しました。
161202_1.jpg
普段あまり登場させないので、なかなか新製品の導入も追い付いていなかったのですが、
発売して久しい、IRコントロールセットの「E6系こまち」と「W7系かがやき」、
そして今年6月の「東京おもちゃショー2016」で山手線29駅を再現した巨大ジオラマが話題となった
「連続発車ステーション」と「交互発車ステーション」を一気に導入!

連続発車ステーションは単品販売のものと「H5系はやぶさ」とセットになったものがあり、
複数を連ならせてみたかったのでセットものと単品を両方購入です。
中身はこちら。
161202_2.jpg
ステーション本体と、1S(プラレール直線1本の長さ)の専用レール、
凹凸を合わせるためのジョイントパーツが2個付属しています。

セットものと単品とで、ホーム屋根の色とが異なっている以外は製品自体に特に違いはありませんが、
付属のシールは異なるものがついています。
161202_3.jpg

「連続発車ステーション」は、列車が駅に到着すると自動で停車し、
後続の列車がやってくるとセンサーが感知して先行の列車が出発する、というもの。
このほか、一定時間が経過することで自動で発車するモードもあります。

このギミックに対応するのは片側の線路だけで、もう片側は通過するのみ(ホームも無い)となっていますが、
2個を向い合せに設置することも可能。
161202_4.jpg

続いて交互発車ステーション。
こちらは全体の長さが1Sで、両側にホームがあります。
161202_5.jpg
列車が停車中に反対側へ列車がやってくると自動で発車するという、プラレールの「自動乗換駅」と同じ動き。
出発のトリガーとなる反対側の列車は、停車/通過が選べます。
連続発車ステーションン同様、一定時間経過で自動で発車するモードもあります。

161202_7.jpg
早速、2種類の駅を組み込んだレイアウトを作ってみました。

連続発車ステーション。
161202_8.jpg 161202_9.jpg
先行列車(H5系はやぶさ)が停車中に後続列車(500系EVA)がやってくると、
信号が赤に変わると同時にH5系はやぶさが発車。500系EVAはそのまま駅に停車し、信号は青に。
次の後続がやってくるのを待っています。

こちらは交互発車ステーション。
161202_10.jpg
165系が停車中ですが、対向のH5系が停車/通過のタイミングで165系も発車していきます。

普段なら、1本のレール上に複数車両を走らせるとどうしても追突必至で目が離せませんが、
それぞれの駅で整然と自動でコントロールされている様子は、見ていてとても楽しく、飽きません。
ついつい見入ってしまいますし、ジオラマ的楽しさが一段と感じられます。

山手線29駅再現はさぞ壮観だったのだろうと思いますが、
そこまでいかずとも、連続発車ステーションがあともう何個か欲しくなってしまいます。

さて、上の高架は普通のエンドレスで、IRコントロールユニットの「かがやき」と「こまち」をテスト。
161202_11.jpg
IRコントロールユニットでは、「ACS(アドバンスコントロールシステム)」対応車両の操作が可能。
通常よりも速いスピードから低速まで速度が何段階もあって、こちらも操作が楽しいです。
もちろん方向転換も手元で思いのまま。

161202_12.jpg
ポイント操作は手動で行う必要がありますが、車庫への入出庫的な遊び方も捗ります。

専用リモコンと専用動力ユニットが必要ですが、通常販売されている車両には付属しませんので、
別途購入して載せ替える必要があります。

お気に入りの車両と、コントロールユニットをそれぞれ購入して楽しむのもいいですし、
「W7系かがやき」と「E6系こまち」のセットは、対応車両と専用リモコン&専用動力ユニットが付属したセットになっていますので、
手始めにはこちらのセットも良いかもしれません。

ただ、箱の中身はこんな感じで・・・他の車両のように専用のケースがついていませんので、
一度開封してしまうと車両の保管に少し難ありです。
161202_6.jpg
適当な収納ケースを探さなければ。

プラレールアドバンスは、サイズ的にはNゲージと同程度。
適度なリアルさとも相まって、Nゲージ用のストラクチャ類との相性もばっちりです。
161202_13.jpg

これはこれで、やっぱりいいなぁ・・・
161202_14.jpg
posted by じゅん at 00:11 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする