2017年06月11日

GWイベント その@ 彩都のモデルルームでレイアウトを作る!

4月末、彩都でレイアウトを作りました。
彩都には最近フリーマーケットのイベントで既に恒例で呼んでいただいているのですが、
今回はいつものフリーマーケットではなく、マンションと戸建てのモデルルームから、
ゴールデンウィークのイベントで長期展示の依頼をいただいたのです。

今回の設営には、関西在住で「浜松南伊場プラキッズクラブ」のエース、
ぼーちゃん(@bochanchan396)が駆けつけてくれました。

設営途中の写真をあんまり撮ってないので、完成形でレポートをお届け。
床に建つ一畳プラレールと、テーブル上のレイアウトを橋で接続する構成で制作。
170611_1.jpg

テーブル側は1.5畳ほどのサイズながら、
「どきどきマウンテン」を組み入れたおかげでスペース的な余裕はあまりなく、
ルートの取り回しに苦慮しながら、若干の妥協をするべきか悩むこと小一時間。
170611_2.jpg

最終的に、たった1本、カーブレールの裏表をひっくり返したことで全てが解決。

悩んだところ。E5系はやぶさが通っている場所で、
他の段と同様に奥の大鉄橋側から来て左にカーブすることしか考えていなかったのですが、
そうすると上がり/下がりするルートを確保するためにはどこかで他のルートとぶつかっちゃう
or大鉄橋ひな壇のどこかしらの橋げたと当たっちゃうor逃げる場所が足りないという状況だったのですが、
何気なく向きを変えてみたら・・・サイズも収まる!どこにも干渉しなくなる!と、
いいことづくめで全てが解決したのです。
170611_4.jpg

このひらめきが気持ち良くて、やみつき。
その甲斐あってこのあたりの立体交差も面白いものになりました。
170611_5.jpg

170611_6.jpg

ともかく無事にレイアウトは完成!
170611_3.jpg
もちろん、長期展示に耐えうるように要所要所に補強的構造も入れています。

小物も適宜配置して、情景要素もある楽しげな雰囲気に出来上がりました。
170611_7.jpg

ぐねぐねルートや、
170611_10.jpg

大鉄橋ひな壇の下でニモが泳いでいるのもお気に入り。
170611_9.jpg

そして2週間の展示期間が過ぎ、レイアウトは何事もなく無事に終了。

解体にも再びぼーちゃんが来てくれました。




様々なプレッシャーと戦いながら、プラレーラーの面目をかけて必死で橋げたを詰めてくれました。
そして、部材は訳あってもう1週間彩都に留置。

その訳とは… つづく。
posted by じゅん at 02:43 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: