2018年02月06日

京都鉄道博物館でEH800を見る!

2018年1月20日(土)〜28日(日)の間、京都鉄道博物館で特別に「EH800形電気機関車」が
展示されるということで、桃太郎や金太郎といえば鬼退治や鉞担いで熊に乗るのではなく
コンテナを引くものだと思っている息子と、
「EF66がカッコいい。汚れてれば汚れてるほど頑張ってる感じでイイ。」という、
謎の貨物萌えに最近目覚めたらしい奥さんと一緒に見に行ってきました!

早速、EH800形電気機関車!
180204_25.jpg
2016年3月の北海道新幹線開業で、本州と北海道を結ぶ青函トンネルを含む区間が
在来線と新幹線の共用となり、それまで使用されていた機関車が走れなくなるのを機に、
JR貨物がEH500形電気機関車(ECO-POWER金太郎)をベースに新しく製造した機関車がEH800形です。
北海道新幹線開業に先行して2012年に登場し、普段は西日本エリアへやってくることは無いので、
見られるだけでも貴重です。
鉄道ファンの方にはことさら説明の必要はないと思いますが、
形式名の「EH」の「E」は動力源、電気機関車なので電気(Electric)の「E」、
「H」は動輪の数が8軸あることを示していて、2車体が連なる大きなサイズの機関車で、大迫力!

第1エンドには専用のヘッドマークが取り付けられていました。
別の日にはトワイライトエクスプレスのヘッドマークが取り付けられていたりしたようです。
それはそれで見たかった。
180204_29.jpg

反対側の第2エンド側から。
180204_26.jpg

第2エンド側の下部には不思議な膨らみがあり、何だろうと思っていたのですが、
あとで調べたら新幹線と同じデジタル列車無線システム用のアンテナが入っているのだとか。
180204_27.jpg

展示線には上部に通路が備えられていて、屋根の上からもじっくり見られるのがいいところ。
180204_30.jpg

180204_31.jpg

大柄な車体ですが、鮮やかな赤に軽やかにあしらわれた白&銀のラインがシャープでかっこいい。
実物を見て、お気に入りの機関車になってしまいました。
180204_28.jpg

機関車と一緒に、コキ107形とコンテナ等も展示。
180204_32.jpg
北海道からは農産物が全国に向けてたくさん出荷されていますが、この輸送を支えているのが
青函トンネルを通る貨物列車です。なかでも玉ねぎは北海道から本州へ輸送されるうちの
約70%がこのように貨物列車で運ばれているのだとか。

180204_33.jpg
19D型コンテナと49A型コンテナ。

19D型コンテナといえば、先日コンテナを取り囲んでプラレールを作ったりもしました。


31フィートと大きなサイズの49A型コンテナには、コキ107へ上って中に入ることもできました。
180204_34.jpg
これも貴重な体験でした。

珍しいものを堪能しつつ、館内のほかの展示をたっぷり満喫。

SLスチーム号に乗っていたら
180204_18.jpg

ちょうど京都丹後鉄道KTR8000形「丹後の海」がやってきたり、
180204_19.jpg

トワイライト色のEF65がやってきて横を並走したりと、
180204_20.jpg

180204_21.jpg
タイミングよくいいものが見られました。

581系やEF81は「シュプール号」のヘッドマーク。
180204_22.jpg

180204_23.jpg

180204_35.jpg

「富士」って、こんなヘッドマークもあったんですね。
180204_24.jpg

外には、EH800に展示線を明け渡したトワイライトエクスプレスの客車や、
嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車にDE10などが並んでいました。
180204_36.jpg
現役の運転区に併設された京都鉄道博物館ならではの臨場感。

そういえば、プラレールトーマス展も開催中。
180204_37.jpg
昨年夏にスカイツリーで展示されていたのとおそらく同じトーマスタワー。
実物を見るのは初めてで、赤い複線ブロック橋脚が気になっていたのですが、
このために赤く塗っただけのようでした。
180204_38.jpg

ソドー島をモチーフに作られたジオラマは、お正月にプラレール博で見たのと同じですね。
180204_39.jpg

180204_40.jpg
プラレール博では人が多くてあんまり見られなかったのですが、今回はじっくり見ることができました。

京都鉄道博物館では、割と頻繁に、現役、退役直後、新造直後などの珍しい車両が展示されたり、
様々な企画展も開催されるので、次はどんな企画があるか楽しみです。


posted by じゅん at 09:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。