2018年04月09日

プラレールで大阪環状線全線再現!万博鉄道まつり2018 Part.1

以前にお知らせしていたとおり、「万博鉄道まつり2018」で
プラレールで大阪環状線を全線再現してきました。
どうなることかと気をもんでいた天候も、2日間とも気持ち良い晴れ!
ご来場いただいた皆さま、ご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。
屋外の大型展示&再現企画、しかもライブ設営という一大プロジェクトとなった、
大阪環状線全線再現の様子を振り返ります。

万博鉄道まつり当日、早朝。
「一畳プラレール」チーム&「ハジケ組」チームの面々が、太陽の塔を望む広場に集結。
レイアウト派&情景派&車両工作派、様々なジャンルを得意とする頼もしいメンバーが集まりました。

この日のために夜な夜な作った再現用資料をもとに、設営を開始します。
資料はあるといっても、ちゃんと出来上がるかどうかは最終的に現場任せ。
しかしそこは百戦錬磨のプラレーラーたち。手際よくどんどん建設がすすみます。

朝の7時半頃から作りはじめて、9時半にイベント開始。
お客さんが続々と集まるなか、思ったよりも早く昼前にはあらかた完成!
180331_1.jpg
(※写真は2日目に撮影)
大阪環状線と、接続する私鉄を含めた各線、阪神高速道路の一部が再現されています。

大阪駅から外回りでぐるっと一周、たっぷりご紹介していきます。
180331_2.jpg
大阪駅は1・2番線(環状線ホーム)と7・8番線だけホームが少し広いのですが、
プラレールのレールシステムをうまく使って間隔を変え、ホームもちょっと大きいものを使って再現。

180331_3.jpg
大阪駅の南側には阪神梅田駅。本来は地下(阪神百貨店の下)にホームが並びます。
さすがに地面は掘れませんでした(笑)
全体を作ることこそ今回は省略したものの、地下鉄御堂筋線も少し登場。

180331_4.jpg
大阪駅北側には、阪急梅田駅。もちろんこちらも完全再現。ちゃんと阪急電車も走ってます。
仕組みは秘密。

なんと、阪急電鉄公式アカウントでもご紹介いただいてしまいました。

実は持っていくべき部品を忘れてしまい、初日は梅田駅が微妙に未完成だったのが悔やまれます。
2日目には、写真のとおり阪急ターミナルビルや梅田駅屋上の駐車場ができました。

180331_5.jpg
9線にズラッとマルーン色が並ぶ姿も壮観!

180331_6.jpg
そして、梅田のランドマーク、HEPファイブの赤い観覧車やダイキンさんの大ぴちょん君。
HEPの観覧車が生まれたのも、思えばこの万博鉄道まつりでした。(→こちら

180331_7.jpg
駅のすぐ下を日本一長い商店街、天神橋筋商店街が通る天満駅は、
当初島式1面2線のホームだけだったところへあとから内回り側にホームが増設されたため、
少し変わった構造をしています。

手前は桜ノ宮駅。
大川ほとりの桜がとても綺麗で、鉄橋&桜&環状線が絡む大阪環状線らしい景色のひとつです。
180331_8.jpg

180331_9.jpg
京橋駅。学研都市線(東西線)、大阪環状線、京阪電車の3層構造。
駅の桜ノ宮方に淀川貨物線の線路跡が残っていたり、内回りと外回りの線路間隔が少し広いのがポイント。

180331_10.jpg
隣の大阪城公園駅に隣接して、大阪環状線の車両基地である森ノ宮電車区があります。
そのため、京橋駅と大阪城公園駅の間には森ノ宮電車区へ出入りするための入出庫線があります。

180331_11.jpg
大阪城公園駅と、奥にあるのが隣接する森ノ宮電車区。
このあたりは、大阪環状線で数少ない地平を走る区間です。

180331_12.jpg

180331_13.jpg
大阪環状線を走る車両群がたくさん並び、2日間格好の撮影スポットになっていました。
製品だけでなく、メンバーがこの日のために製作したオリジナルの車両もたくさん。

180331_15.jpg
そして大阪城も。雰囲気アップに大きく貢献してくれました。
前をオレンジの電車が走れば、まさに大阪(環状線)以外の何物でもありません。

180331_14.jpg
森ノ宮駅。線路は高架に戻り、駅のすぐ脇を阪神高速道路13号東大阪線が越えていきます。
この道路を走ると大阪城がばっちり見えて、これもまた大阪らしい光景。

180331_24.jpg
玉造駅。隣接する商業施設「ビエラ玉造」の外観が、巨大な103系を模したものになっています。

180331_16.jpg
近鉄との乗換駅、鶴橋駅。ドアが開くと、焼き肉のいい匂いがする駅です。
さすがに匂いは再現できませんでしたが、近鉄との立体交差はばっちり再現。

180331_20.jpg
桃谷駅と言えば環状線の定番撮影地。
屋外で再現、しかも方角も含めてほぼ実物どおりだったため、つまり太陽の位置も実物どおり。
ということは、撮影地における順光の時間も実際と同じ!ということで、しばし桃谷駅で撮影大会。
方角は意識的に合わせていたものの、撮り鉄は殆どしないので、
他のメンバーに言われて初めて気が付きました。屋外再現の面白いところ!

180331_21.jpg

180331_23.jpg

180331_22.jpg

180331_25.jpg
続いて寺田町駅。
リニューアル工事中に壁の中から昔の駅名標が出てきたのが話題になりました。
昔のデザインで、駅名標も再現。

そして次は天王寺駅。
長くなってきたので、次回へ続く!
posted by じゅん at 00:30 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: