2019年01月06日

彩都プラレール運転会2018 秋!

恒例の彩都運転会(2018 秋)が10月に開催されました。
今回も、たくさんプラレーラーが集まってくれました。ありがとうございました。

今回は、夏に作った関西線快速色(春日色)の113系もどきに加えて、
再び塗り替えにチャレンジして新快速色 通称ブルーライナーを制作して持っていってみました。
190102_1.jpg
基本的に色が違うだけ(笑)
青色の帯はグリーンマックスの鉄道スプレー青22号(SP-06)で塗っています。
塗料の選択に際しては、青ガマさんのブログ(こちら)を参考にさせていただきました。

レイアウトに関しては、いつも何かしら普段できないことを・・・と思って色々トライするのですが、
今回は切通しレールを使った情景にチャレンジ。
以前好評だった路面電車タウンを融合させて、LRTが走るニュータウンのような光景ができあがりました。
190102_3.jpg

トミカタウン ビルドシティの駅もいい感じにはまってくれました。
190102_2.jpg

190102_4.jpg

190102_5.jpg

端っこの部分は、もう少し何か良い処理の仕方がある気がするので、今後も研究を重ねたいところ。
190102_6.jpg

ローカル線ぽいこのあたりも今回のお気に入りでした。
「こうげんのえき」ということで、長野っぽく。E353系が到着したところ&アルピコバス。
190102_13.jpg

中央線でも活躍した横須賀色も似合います。
190102_14.jpg

さぁ、そして最大のみどころはやはり車両群。
今回も、様々な素晴らしい車両が並びました。皆さん、本当にすごい。
190102_7.jpg

190102_8.jpg

190102_9.jpg

190102_11.jpg

190102_12.jpg

190102_17.jpg

190102_18.jpg

190102_19.jpg

190102_20.jpg

190102_21.jpg

今回初めて、3Dプリンタによる自作車両が登場。
すっかり最近のトレンドになりつつありますね。すごい時代だ・・・
190102_15.jpg

190102_16.jpg

今回、スペシャルゲストで東京から北海道へ向かう途中の福遠さんにお越しいただきました。
ということで、歓待の意味も込めて関東私鉄のプラレールも登場。
190102_10.jpg
と言いつつ、実は大阪モノレールっぽい組み合わせがテーマ。
阪急マルーンのラッピング、2100系風の京急ラッピングが実車で存在するのですが、
加えて最近デビューした新車のカラーリング、京王の5000系に似てませんか??
写真右下の信号機は、Minamiさんによる信号システムが組み込まれています。

最後にレイアウト全景を。合理化前の、往年の姿です。
190102_22.jpg

190102_23.jpg

運転会の様子は、ぜひこちらもどうぞ。暁さんによるレポートです。
合理化って何?という方はぜひご覧ください。
🍛平成最後の彩都運転会 🍛(ハジケレポート)

いつもご協力いただいているメンバーに感謝しつつ、
今後もプラレーラーが集まれる場を作っていきたいと思います。


posted by じゅん at 11:26 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。