2017年06月28日

GWイベント そのB 大宮の鉄道博物館でE233系を購入!

トミカ博の翌日からは、東へ移動。
170619_1.jpg
息子は最近「のじょみ!」が言えるようになりました。

そんな息子を連れて行ったのが、こちら。
170619_3.jpg
埼玉 大宮の鉄道博物館!
開館してからまだ一度も行ったことがなく、今回が初めての訪問です。

万世橋にあった旧博物館は、実は徒歩圏内に祖父母宅があったのでよく行ったのですが、それ以来です。
167系 なかよし号とも久しぶりの対面。
170619_2.jpg
懐かしい…!

既に様々なメディア等で館内の様子はご存知の方が多いと思いますので詳細な紹介は割愛しますが、
旧博物館時代によく親しんだ車両や普段なかなか見ることができない車両の展示を楽しみました。
170619_4.jpg
(左から)クモハ455系、クハ181系

170619_5.jpg
ED75形電気機関車

旧博物館の入り口にあった、この0系(21形)も久しぶり。
170619_6.jpg
子供の頃、この前で撮った写真がどこかにあるんですが。
ちなみに旧博物館で0系と並んでいたD51は、博物館の入り口横に展示されています。

0系はもう一か所、こちらにも。開業記念を模した展示です。
東京オリンピック開催(1964)と合わせて、昭和を代表するシーンとして写真がよく出てきますね。
170619_7.jpg

こちらは200系。(222形)
170619_8.jpg
連結器が出た状態でした。

170619_9.jpg
滅多に見られない部分も気になります。200系の連結面。
床下のカバーの中はこんな感じになってるんですね。

おっと、この103系は・・・
170619_10.jpg
ちょうどリニューアルされたばかりの「キッズプラザ」も見物。
水玉模様の103系には賛否両論ありますが、イメージを限定されないのでこれはこれでいいのかもしれません。
色んな線区で纏っていたカラーリングの水玉模様で、こんな形で親しんでもらえるのもありかと。

そしてこのエリアの目玉、プラレールコーナー。
170619_11.jpg
さすが、子供たちで大盛況。

170619_12.jpg

170619_13.jpg
固定式のレイアウト沿いには、鉄道博物館を模した建物も再現されています。
収蔵車両は、同じものもあればちょっと違ったりも。
違う部分は、色んな意味でご想像にお任せ!という感じでしょうか。

2階のギャラリースペースでは、期間限定で
プラレールトーマスシリーズ25周年を記念した展示もありました。
170619_14.jpg

170619_15.jpg
もう25周年になるとは驚きです。立派なロングセラーですね。


最後に、ミュージアムショップでお土産に買ったのはこちら。
170619_16.jpg
現在鉄道博物館でしか販売されていない、E233系の埼京線。
同じものをもう持っていても、来たら記念につい買ってしまうのが性というもの。
ちなみに、新メカ化はされておらず以前に市販されたものと特に変更はないようです。

ゴールデンウイーク中とあって混雑ぶりが気になりましたが、心配するほどでもなく。
ただ、シミュレータなど整理券がいるものはさすがにいっぱいのようでしたので、どうしてもご希望があれば早い時間に行くに越したことは無いと思います。

それ以外は子連れでも余裕を持って楽しめたので良かったです。
さて、鉄道博物館を堪能したあと、東京滞在中に向かったのが…?

つづく。
posted by じゅん at 00:05 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月31日

一年の締めくくりはプラレール忘年会と「スーパーはくと」で。

クリスマスフェスタが終わり、年内のイベントは全て終了。
ですが、もう一つだけお楽しみが。

「プラッパーズ」さんで忘年会をしよう!ということになり、
息子(通称「JJ」)と共に京都・伏見稲荷へ。
161231_1.jpg
イオンモール京都のポポンデッタさんのレイアウト夏の桑名でお会いしていたのですが、
お店の訪問はできていなくて、これが初めて。

・・・なのですが、とっても残念なことに、
諸事情によりこの場所での営業は年内で終了とのこと。
161231_16.jpg
しばらくは月イチの運転会や様々なイベントを実施されるそうです。
お店の再開を楽しみに待ちましょう。
ということで、名残を惜しみつつの忘年会となりました。

店内に鎮座する圧巻のレイアウトを眺めながらの宴会です。
161231_2.jpg

161231_3.jpg

161231_4.jpg

161231_5.jpg

161231_11.jpg
JJも釘付け。

航海長さんが持ってきた車両に大盛り上がり。
161231_6.jpg
海外版プラレールのTGV。
欧米では「PLARAIL」ブランドではなく「TOMICA WORLD」ブランドで販売されていました。
オレンジのTGVは日本でも販売されていましたが、シルバーのものは欧州でのみ販売。
オレンジのTGVとは、微妙に型も違うのと、何よりこの色がかっこいい・・・

当然、撮影大会に(笑)
161231_8.jpg

161231_7.jpg
こんなものも登場。
昔の特急電車で、今とは違って中身が見えないタイプの箱(通称「上下箱」)に入っています。
左上にあるトミーのロゴマークは1970〜1973年頃に使用されていたもの。

40年以上前の製品ですが、元気に走行しています。
161231_9.jpg

こちらはべーやんさんお手製、おなじみの季節列車。
先頭はクリスマスバージョン(ポインセチア)で、さくら、あじさい、ひまわりと続いています。
161231_10.jpg

忘年会を楽しんだあとは、京都駅で帰りの列車を待ちながら鉄分補給。
287系「くろしお」や、
161231_12.jpg

683系「サンダーバード」左側はプラレールで出たばかりのリニューアルタイプ。
161231_13.jpg

他にも、EF510の元北斗星(しかもプラレールになっている501号機でした!)牽引の貨物列車や、
終焉が近付く103系、湖西線の117系など、バラエティ豊かな車両たちを堪能しました。

そして、ちょっと贅沢に、京都から三ノ宮まで、特急「スーパーはくと」に乗車!
161231_15.jpg
先頭をゲットして、前面展望とともにディーゼル特急の快走や
快速電車とのデッドヒートを堪能しました。

161231_14.jpg
あまりに快適で、もっと乗っていたい・・・と後ろ髪をひかれつつ、あっという間に三ノ宮。
お気に入りの列車になりました。今度は鳥取まで通しで乗ってみたいなぁ。

かっこいい特急列車に乗って今年を締めくくり、いよいよ大晦日。
年が明けたら、新年はもちろんプラレール博から!
しっかり趣味を楽しむ一年にしていきたいと思っています。
今年お世話になった皆さま、どうもありがとうございました。
新年もどうぞ宜しくお願いします。
posted by じゅん at 18:46 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月04日

原鉄道模型博物館と、時速約1000km/hのリニアライナー

グローバル本社ギャラリーを楽しんだ次は、
すぐ隣の横浜三井ビルディングに入っている「原鉄道模型博物館」へ。→WEBサイト

160903_48.jpg
原信太郎さんという著名な愛好家の貴重な作品・コレクションが展示されるほか、大きなジオラマもあります。
Nゲージ(概ね1/150)やHOゲージ(概ね1/87)のジオラマは博物館等でもよく見られますが、
「1番ゲージ」(概ね1/32)と呼ばれるサイズはなかなかあるものではなく、
ここで見られる規模は貴重。(一般公開されているものとしては世界最大級だとか。)
車両が大きいぶん、迫力もありますし、走行音も重量感があって楽しめます。

160903_49.jpg 160903_50.jpg
ただ、照明が基本的にずっと暗いのがちょっと気になりました。
一応明るくなったり暗くなったりを繰り返すのですが、割とせわしないのと、
暗い時間が圧倒的に長いのです。雰囲気としては暗めの方が確かにいいのですが・・・
まぁそういうコンセプトなのでしょう。

160903_51.jpg
精巧な模型をたっぷり見学したあとは、ビル1階のホールへ。

160903_52.jpg
ここでは、期間限定で、リニアライナーの巨大なコースが展示されていたのです。

160903_53.jpg 160903_54.jpg
「凹」の形で軌道が敷かれていて、全長約40メートルのコース。
数えたところ、長い方の辺で直線50本分でした。

160903_55.jpg
なるほど、これだけ直線を敷けばスケールスピード約1,000kmですか。覚えておこう(笑)

基本セットから5セット(10本)分買い足していますが、まだまだ足りないことを実感。
さらなる直線買い足しを目論むのでありました。
そのうちイベントでこのぐらい大きなコースを作ってみたいです。

あとは、車両の替えが欲しいところ。
イベントで走らせても大人気のリニアライナーですが、
バッテリー充電が必要なので連続走行に限界があり、
なかなか見られなくて残念な思いをさせてしまうことも多いのです。
単品販売を切に願う・・・
posted by じゅん at 00:21 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月03日

日産グローバル本社ギャラリーを訪問

さて、東京滞在中にちょっとお出かけ。
京浜東北線に揺られてやってきたのは「桜木町」。

駅を降りると、そこらじゅうピカチュウだらけ。
160903_22.jpg
みなとみらい一帯で、「ピカチュウ大量発生チュウ!」なイベントがやってたるようで、
大量のピカチュウとポケモンファンでいっぱいでした。

そしてこの日は「トミカ博 in YOKOHAMA」も開催。
新しいイベント限定品も気になるし、行けたら行きたいなぁとは思っていたのですが、
混雑ぶりの噂を聞いて諦め。内容じたいはゴールデンウィークに大阪で見たものと同じですしね・・・
「トミカ博 in OSAKA 2016」(プラレールタイム)

かわりに、みなとみらいに「トミカ・プラレールショップ横浜」があったのを思い出し、寄ってきました。
ここで「JJ」(※じゅんジュニア 名づけの経緯は→こちら)がしまじろうカーを離さなくなってしまい。
160903_23.jpg
量販店で割引価格で買えるんだけどな・・・と思いつつも(笑)、JJへの初めてのトミカ購入となりました。
この日は夜までずっと握りしめていて、そこまで気に入ったならまぁいいでしょう。

その後、ちょっとした用事を済ませて立ち寄ったのがここ。
160903_24.jpg
「日産グローバル本社ギャラリー」(→WEBサイト
日産自動車 グローバル本社の1階がギャラリーになっており、
現行車種から過去の車まで、様々な車両が展示されています。

160903_25.jpg
その他グッズの展示や販売も行われているのが、ファンには嬉しいところ。

160903_26.jpg
たま。
日産と合併した「プリンス自動車」の前身である東京電気自動車によって、
1947年に作られた電気自動車です。かわいい。

160903_27.jpg 160903_28.jpg
フェアレディZ NISMO。フェアレディZに一度は乗ってみたい。

そして、いまの目玉はやっぱり新型GT-R!
10月の新車として、トミカでも発売が予定されています。

160903_29.jpg 160903_30.jpg
こちらは トミカでいうところの初回限定カラーのシルバー。

160903_31.jpg 160903_32.jpg
通常品カラーとなるオレンジ。

160903_33.jpg
展示車両は内装もオレンジでした。

160903_34.jpg 160903_35.jpg
3.8リッターV型6気筒ツインターボエンジン。
GT-Rのエンジンは、「匠」と呼ばれる4人の熟練技術者によって、手作業で組み立てられています。
その証のプレートも設置。憧れます。

こちらは1972年から登場したC110型スカイライン、いわゆる「ケンメリ」のなかで、
1973年に追加されたGT-R(KPGC110)。
160903_38.jpg 160903_36.jpg
排ガス規制のあおりを受け、わずか197台しか生産されていない希少なモデルです。

160903_37.jpg
スカイラインの伝統として親しまれる「丸目4灯」のテールランプが採用されたのも、
この「ケンメリ」からでした。

160903_39.jpg
ギャラリーの一角には、開催中のトミカ博とタイアップしたコーナーも。

160903_40.jpg 160903_41.jpg
160903_42.jpg 160903_43.jpg
160903_44.jpg
これまでトミカで発売された日産車が並んでいます。

ギャラリーにはイベントスペースもあり、この日も何かイベントが予定されているようでした。
ステージ上には青いGT-R。この色もかっこいいなぁ。
160903_45.jpg 160903_46.jpg

外にもGT-R。試乗できるのかな。
160903_47.jpg

憧れの車をたっぷり堪能して、次は隣のビルへ・・・
つづく。
posted by じゅん at 23:38 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

251系「スーパービュー踊り子」の展望席最前列を堪能!

世間は夏休み。ということで、我が家もちょっとした旅行に出かけます。
最初の行先は、熱海。
新大阪から、乗り換えなしで行ける熱海停車の「ひかり」で出発です。
「ひかり」に乗るのは久しぶりだなぁと思いつつ、空いてるだろうし、
子連れだしちょうどいいや・・・なんて思っていたら、車内に入ってびっくり。

160903_1.jpg
外国人旅行者の方でいっぱい!見えてる範囲、8割以上が外国の方ばかりです。
なんだかこっちが海外旅行へ来たみたいな気分になってしまいます(笑)
そこで気が付いたのですが、外国人旅行者の方専用の「ジャパンレールパス」が
「のぞみ」には乗れないからなんですね。

160903_2.jpg
車端部に積まれたスーツケースの山、荷棚にもスーツケースがびっしり。
荷物が置きやすいようにと、端っこの1D・1E席を取っていたのですが、置く余地はありませんでした。
ベビーカー、持っていかなくて良かったです・・・

ただ、欧米系の方々ばかりだったので、車内は概ね穏やかに過ごせてひと安心。
そういえば、日本へ来て長距離を移動しながら複数地域を見て回るのはだいたい欧米系で、
アジア系の方はそんなに移動しないというか、バスツアーとかで周っている気がします。

160903_3.jpg
しばし異国気分を味わいながら熱海に到着。

160903_4.jpg 160903_5.jpg
美味しいものを食べたり温泉三昧したりで過ごして、そのへんは普通の旅行なので端折ります。

ちなみにこの頃ぺたぞうさん達は、この目の前に広がる相模湾の向こう側で
何やら楽しそうな砂遊びをしていました。

熱海で過ごした次は、東京へ。
160903_6.jpg 
熱海でちょっと「撮り鉄」しつつ、列車を待ちます。普段見ない車両ばかりで楽しい。
(鉄道写真の撮り方よくわからないので、素人写真でご勘弁を!)
160903_7.jpg 160903_8.jpg
異種併結が割と好き。

160903_9.jpg 160903_10.jpg
伊豆急8000系。元東急の車両です。伊豆急下田方はラッピング編成でした。

160903_11.jpg 160903_12.jpg
185系の「踊り子」号が到着。この車両も好きなので、見られて嬉しい。

そうこうするうち、乗車する列車が到着!
160903_13.jpg
251系「スーパービュー踊り子」号!
スーパービュー踊り子については、こちらもぜひご覧ください。
スーパービュー踊り子号(プラレールタイム)

そしてこの列車の・・・
160903_14.jpg
東京寄り先頭車の展望席をとっていたのです!あぁ、いい眺め!
子どものために〜なんて言いながら、一番楽しむズルい父なのでありました。

でも、後で楽しく思い出してもらうためにも、プラレールの「スーパービュー踊り子」も持参で乗車。
160903_15.jpg
正直まだよくわからないぐらいに小さい年齢ですが、何か覚えててくれるといいなぁ。
そしてもう少し大きくなったら、また乗せてあげたいです。

160903_16.jpg 160903_17.jpg
160903_18.jpg 160903_19.jpg
相模湾に面した海沿いの景色から、徐々に都会になっていく車窓、併走・すれ違いを堪能。
途中、京急の新型車両にも遭遇。

1時間ちょっとで東京駅に到着。
160903_20.jpg
あっという間の、楽しい時間でした。

また今度は伊豆急下田まで、たっぷり乗りたいなぁ。
160903_21.jpg
posted by じゅん at 18:22 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする