2017年12月02日

プラレールで阪急西宮北口駅を再現しました!

先日の記事でお知らせしたとおり、
阪急西宮ガーデンズにある"Stajimo(スタジモ)にしのみや"というコミュニティスペースで開催された
ワークショップのお手伝いをしてきました!
沿線コミュニティスペース Stajimoにしのみや

担当者さんと打ち合わせを重ねるうち、気が付けば僭越ながら講師役を務めることに・・・責任重大!
プラレーラーとしての面目を保たねば、となんとかあれこれ準備をしてドキドキしながら当日を迎えます。

ところで皆さん、阪急西宮ガーデンズがある場所には、昔何があったかご存知でしょうか?
今回の会場の名前にも、そのヒントが隠されています。

関西の方なら、ご存知の方も多いかもしれません。
答えは、野球場(スタジアム)!→詳しくはこちらから。
西宮にある野球場といえば阪神タイガースの本拠地、阪神甲子園球場が有名ですが、
じつは過去にはもうひとつ、大きなスタジアムがあったんですね。
そしてそこは、過去に阪急電鉄が保有していた「阪急ブレーブス」という野球チームの本拠地でした。
周辺にはいまも、かつてスタジアムがあったことを示す名残が残っています。

そして西宮北口といえば、鉄道ファンにとっては外せない、ダイヤモンドクロス。
阪急西宮北口駅は阪急神戸線と今津線という2つの路線の乗換駅となっていますが、
この2つの路線、ほぼ直交する形でこの駅で交差しています。

今は、西宮北口駅から宝塚へ向かう今津(北)線、西宮北口駅から今津へ向かう今津(南)線と、
路線が分断されていますが、1984年(今から33年前)までは線路が1本につながっていました。
そしてその今津線の線路と神戸線の線路が、驚くべきことに、地上部分の平面で直角に交差していたのです。
・・・とまぁ、ダイヤモンドクロスの詳しいことはまた別の機会に解説をとっておくとして、
そんな西宮北口駅や周辺の歴史を最初に学びつつ、今回はいまの西宮北口駅の姿を、
プラレールで再現しよう、という企画です。

前置きが長くなってしまってすみません。
そんなわけで、プラレールで再現した阪急西宮北口駅がこちら!
171202_1.jpg
南西側から駅を俯瞰するアングル。左下から右上に向かって走るのが神戸線、
それを挟んで左上と右下にそれぞれ伸びるのが今津線です。
今津(南)線への車両入出庫用の連絡線に車両が走っていますが、
実際には滅多に見られないのでレアな光景(笑)
その連絡線に、実は駅舎の下に踏み切りがあるのですが、この再現も地元民としてのこだわりです。

171202_2.jpg
少し引いた画がこちら。駅に隣接して西宮車庫があるほか、ラッシュ時の折り返し用線路、
今津線への連絡線など、ポイント(分岐)がかなり入り組んでいます。
駅の周辺は、駅南側のロータリーや阪急西宮ガーデンズ周辺の道路、駅北側のアクタ西宮のあたりまで
再現範囲に盛り込んでみました。
駅の南側に左下から右上に伸びる道路は「球場線」という道路で、
先述したとおりスタジアムがあったことを示す名残で、今回の再現でも重要な意味を持っています。
せっかく再現をするなら、リアルさにこだわるだけではなくて
土地の歴史も紐解きながらやるとさらに楽しいですね。

今から思えばもう少し建物を用意したかったところ。
阪急西宮ガーデンズや、西宮芸術文化センターがある一角の建物群は、
なんとStajimoにしのみやのスタッフさんの手作り!これがかなり効いてます。

171202_4.jpg
駅の南東、阪急西宮ガーデンズがある側から。
ガーデンズの向かいにある交番や、駅の北側にあるアクタ西宮横の小さなロータリーは
空港行きリムジンバスの発着所になっているところなど、ここでも「あるある」を盛り込んでいます。
細かいですが、リムジンバスの会社も忠実に、実際に来るバスを置いてます。

171202_5.jpg
駅の南側、今津(南)線脇には建設中のビルが。
ここは、2018年秋開業予定でまさにいま、実際に建設が進められている、
「(仮称)西宮北口阪急ビル」の工事現場を再現!
工事中のビルの脇にある建物の屋上には鳥居がありますが、これも実際にあるもの。
阪急今津線を舞台に描かれ、映画化もされた有川浩さんの小説「阪急電車」にも登場します。
どこにあるの?(本当にあるの?)という声も少なくなかったですが、実はここに。

・・・などなど、細かなこだわりをふんだんに盛り込んでいることがおわかりいただけたでしょうか(笑)
171202_6.jpg

線路にはもちろん阪急電車を並べて。
171202_3.jpg

171202_7.jpg
7000系あたり、出ないかなぁ・・・なんて。

みんなで協力して駅を再現したあとは、ちゃんと電車が走れるように線路を一周つなげて
楽しいプラレールタイム。
171202_8.jpg
ちびっこのパワーに圧倒されました。楽しんでもらえたようでよかったです。

Stajimoにしのみやのスタッフさんによるレポートはこちら。
「名人」だなんて、なんとも身に余る扱いでどうも面映ゆいですが、お役に立てて一安心。

1/6(土)には同じくこのStajimoにしのみやで立体レイアウトの展示をしますので、
ぜひぜひ、お越しくださいませ!
posted by じゅん at 23:29 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年09月01日

ぐりぷらでんしゃ王国inパータン

夏到来!の8月。
鳥取を拠点に活動しているチーム、「ぐりぷら」のべーやんさんのお手伝いで倉吉へ。
なんだかんだと度々手伝いに押しかけていますが、半年ぶりの旅路です。
今回は、倉吉市街地の商業施設「パープルタウン」のイベントで展示するレイアウトを作ってきました!
170901_1.jpg

完成したレイアウトがこちら。
170901_2.jpg

170901_3.jpg

ちっさい車両基地も作ってみました。
170901_5.jpg
発売されたばかりのスパイダーマン&アイアンマンモデル。
どことなくフリーゲージトレインに似てますね。

渾身の(?)ディズニーエリア!
170901_4.jpg

パープルタウンのオリジナル列車や、
170901_6.jpg

「ぐりぷら」オリジナルの車両が走るのも魅力です。
170901_7.jpg

170901_8.jpg

イベントも盛り上がったようで、一安心。
posted by じゅん at 15:00 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年08月31日

彩都のモデルルームでプラレール 第2弾!

夏休みが近づいた頃、彩都のマンションミュージアムから、再びプラレール設置のご依頼。
今回は1人での組み立てですが、まだ自分ではチャレンジしたことが少ない一畳+ひな壇の複合型タワーを制作。
170831_1.jpg
空いたスペースには、プチディズニーエリアを作って、見た目も賑やかで楽しいレイアウトになりました。
170831_2.jpg

170831_3.jpg

今回も、色んな電車が走っています。
高架部分もかっこいい!
170831_4.jpg
posted by じゅん at 15:00 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月28日

GWイベント そのC 横浜でプラレールの設営に参加。

ゴールデンウイーク中に上京するのがここ最近の恒例になっている我が家ですが、その目的の1つ(笑)がプラレールの設営に参加することと言っても過言ではありません。
…とか言うと家族には怒られそうですが。

去年もこの時期、大船で朝からプラレールを作っていました。
大船ルミネでプラレール。

今回駆けつけたのは横浜の港北ニュータウン。
住宅展示場「ハウスクエア横浜」のイベントに合わせたレイアウト作りに参加させてもらいました。
近くには、プラレールや鉄道模型が走る鉄道カフェ「トレイントイズ」さんがあります。

途中たまプラーザでのるるんと出会い、
170628_1.jpg

地下鉄あざみ野駅で横浜市営地下鉄のプラレールを見ながら
170628_2.jpg

170628_3.jpg

会場に到着。
170628_4.jpg

今回は初体験の「積層ずらし」によるレイアウト。

170628_5.jpg

170628_6.jpg
坂レールを使わず、つまりいつものように登ったり降りたりする訳ではないのですが、
それでいてルートが色んな場所で立体交差をしながら絡み合っていく楽しいつくり。
もちろんこう見えて全体の歪みは無く作っていくことは言うまでも無く、
体験することで、新たな楽しさを発見。

このへんとか、
170628_7.jpg

このへんを作りました。
170628_9.jpg
途中、机をくぐって反対側へ行くのが億劫で、手が届く範囲ばかりにレールを通していたら、
「妥協だ!」と怒られ、危うく不名誉なあだ名をつけられるところでした。

諸事情により時間が迫ったため、完成間近で後ろ髪引かれる思いで会場を後にしなければいけなかったのが残念。

「ほぼ」完成間近のレイアウトはこんな感じ。
170628_8.jpg

170628_10.jpg

170628_12.jpg

170628_11.jpg
聳え立ってます。

その後無事に出来上がったレイアウトの完成形はこちら。




posted by じゅん at 00:30 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月11日

GWイベント その@ 彩都のモデルルームでレイアウトを作る!

4月末、彩都でレイアウトを作りました。
彩都には最近フリーマーケットのイベントで既に恒例で呼んでいただいているのですが、
今回はいつものフリーマーケットではなく、マンションと戸建てのモデルルームから、
ゴールデンウィークのイベントで長期展示の依頼をいただいたのです。

今回の設営には、関西在住で「浜松南伊場プラキッズクラブ」のエース、
ぼーちゃん(@bochanchan396)が駆けつけてくれました。

設営途中の写真をあんまり撮ってないので、完成形でレポートをお届け。
床に建つ一畳プラレールと、テーブル上のレイアウトを橋で接続する構成で制作。
170611_1.jpg

テーブル側は1.5畳ほどのサイズながら、
「どきどきマウンテン」を組み入れたおかげでスペース的な余裕はあまりなく、
ルートの取り回しに苦慮しながら、若干の妥協をするべきか悩むこと小一時間。
170611_2.jpg

最終的に、たった1本、カーブレールの裏表をひっくり返したことで全てが解決。

悩んだところ。E5系はやぶさが通っている場所で、
他の段と同様に奥の大鉄橋側から来て左にカーブすることしか考えていなかったのですが、
そうすると上がり/下がりするルートを確保するためにはどこかで他のルートとぶつかっちゃう
or大鉄橋ひな壇のどこかしらの橋げたと当たっちゃうor逃げる場所が足りないという状況だったのですが、
何気なく向きを変えてみたら・・・サイズも収まる!どこにも干渉しなくなる!と、
いいことづくめで全てが解決したのです。
170611_4.jpg

このひらめきが気持ち良くて、やみつき。
その甲斐あってこのあたりの立体交差も面白いものになりました。
170611_5.jpg

170611_6.jpg

ともかく無事にレイアウトは完成!
170611_3.jpg
もちろん、長期展示に耐えうるように要所要所に補強的構造も入れています。

小物も適宜配置して、情景要素もある楽しげな雰囲気に出来上がりました。
170611_7.jpg

ぐねぐねルートや、
170611_10.jpg

大鉄橋ひな壇の下でニモが泳いでいるのもお気に入り。
170611_9.jpg

そして2週間の展示期間が過ぎ、レイアウトは何事もなく無事に終了。

解体にも再びぼーちゃんが来てくれました。




様々なプレッシャーと戦いながら、プラレーラーの面目をかけて必死で橋げたを詰めてくれました。
そして、部材は訳あってもう1週間彩都に留置。

その訳とは… つづく。
posted by じゅん at 02:43 | Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする