2021年01月14日

プラレールでべるもんたを作った!&乗った!

以前から気になっていて、ずっと乗りたかった列車がありました。
それが、富山県の高岡を起点に伸びる城端線・氷見線を走る観光列車「べるもんた」。

https://www.jr-odekake.net/railroad/kankoutrain/area_hokuriku/berumonta/

城端線や氷見線の景色を楽しみながら、車内で富山湾の新鮮な海の幸を使ったお寿司や
地元のお酒が楽しめるという素晴らしい列車です。

正式名称は「ベル・モンターニュ・エ・メール 〜べるもんた〜」
ベル・モンターニュ・エ・メールというのは、「美しい山と海」をフランス語で表したものだそうです。
略してべるもんた。ちょっと可愛い。

人気の列車でなかなか予約がとれないと評判なのですが、
所要で富山へ行く機会があり、なんとなく空きを調べたところ切符が取れてしまったので、
乗るしか無い!と思い切って乗車してきました。

BC6B3431-532B-4451-AACB-9F7DC190EA0B.jpeg

D4E1CE2E-2A78-4AC2-9795-A9585F4BBDA1.jpeg

70601A7F-14B6-4489-99F2-CA4498850538.jpeg

※訪問は2020年秋で、感染症対策に注意を払って乗車しています。
 最新の運行状況はJR西日本のWEBサイト等でご確認ください。

この手の列車に乗ると、やはり記念のグッズが欲しくなったりしますが、
何が一番欲しいかというとやっぱりプラレールです(笑)

ただ、残念ながらべるもんたは製品化されていないので、思い切って作ってしまうことにしました!
種車とするのはべるもんたと同じ「キハ40系」のプラレール。
こちらは鬼太郎列車などでここ数年ラインナップされているものです。

CBCA89F4-A444-491F-960F-07A853DC49F7.jpeg

大きな加工をするような技術はないので、シールを剥がして、色を塗って、
シールを作って貼るだけのお手軽仕様です。
車体側面がシールで表現されているのはプラレールファンの間でも賛否両論ありますが、
個人的にはこうやって手軽に好きな車両に変えて楽しみやすいのでありがたい♪(笑)



プラレールと実車の親子写真もゲット。
0F4C372E-F9CC-446C-8B28-E9DEB9B89BD8.jpeg

氷見線の海岸沿いを行くきれいな景色、絶品お寿司、最高でした!
DE606526-A68A-42D5-A9DF-84B1BF82A9C2.jpeg

E1081746-6060-4F61-9733-FB09F9397B24.jpeg

早くまた、気兼ねなく旅が楽しめる日々に戻りますように。
posted by じゅん at 12:45 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年01月02日

2021年!うしさん列車と共に。

8B67EB36-397D-495E-93E4-57C2A7E5BE3A.jpeg
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

2021年は丑年!ということで、うしさん列車です。

1B208B81-5339-498C-9B35-F182DDBCBA91.jpeg
鳥取「ぐりぷら」のべーやんさんが以前に作ってくれたものです。
このセンス、素晴らしい。
今年はいっそう活躍してくれそうです♪

D648C749-8D33-418F-8A9A-82F398ECCA90.jpeg

D76BD141-4807-4CB8-8ECA-F0655A5D6CB9.jpeg


posted by じゅん at 04:00 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月25日

MerryChristmas☆ プラレールでクリスマスツリー♪

今日はクリスマス!ということで、昨年京都鉄道博物館で展示されていた
プラレールで作ったクリスマスツリーです。
家でも真似してみたいですね☆
posted by じゅん at 12:36 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月21日

スーパーはくと!

今回の鳥取設営は往復ともにスーパーはくとを利用。
89719C02-4D0C-4969-8692-4EC52AE48DA5.jpeg

車利用も考えていたのですが、今回は持っていく部材もないので、
季節的にも万が一の雪を考慮して鉄道にしていました。

結果的にこれが大正解。
智頭急行線に入って、佐用を過ぎるあたりから雪がちらほら。
大原あたりでは完全に雪景色になりました。

雪の舞うなかをいくスーパーはくと。幻想的な後ろ展望をどうぞ。


展望席が魅力のスーパーはくとですが、
鳥取に向いていくときは1号車(鳥取方先頭車)が自由席になってしまい、
神戸からだと最前列ゲットはなかなか望めません。

なので、今回はあえて最後尾の席を予約。時々後ろを振り返って後ろ展望を楽しみました。

帰りはもちろん京都方先頭の最前列指定席を予約。
前面展望をたっぷり楽しんで帰りましたとさ。
E79A4E5F-4DF2-403C-B0FC-3039DE0704BD.jpeg

ただ、ときどき前面展望が全く楽しめない「貫通型」の先頭車両にあたってしまうこともあるので、
実際乗るまでは結構ドキドキ・・・
posted by じゅん at 13:08 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年01月06日

彩都プラレール運転会2018 秋!

恒例の彩都運転会(2018 秋)が10月に開催されました。
今回も、たくさんプラレーラーが集まってくれました。ありがとうございました。

今回は、夏に作った関西線快速色(春日色)の113系もどきに加えて、
再び塗り替えにチャレンジして新快速色 通称ブルーライナーを制作して持っていってみました。
190102_1.jpg
基本的に色が違うだけ(笑)
青色の帯はグリーンマックスの鉄道スプレー青22号(SP-06)で塗っています。
塗料の選択に際しては、青ガマさんのブログ(こちら)を参考にさせていただきました。

レイアウトに関しては、いつも何かしら普段できないことを・・・と思って色々トライするのですが、
今回は切通しレールを使った情景にチャレンジ。
以前好評だった路面電車タウンを融合させて、LRTが走るニュータウンのような光景ができあがりました。
190102_3.jpg

トミカタウン ビルドシティの駅もいい感じにはまってくれました。
190102_2.jpg

190102_4.jpg

190102_5.jpg

端っこの部分は、もう少し何か良い処理の仕方がある気がするので、今後も研究を重ねたいところ。
190102_6.jpg

ローカル線ぽいこのあたりも今回のお気に入りでした。
「こうげんのえき」ということで、長野っぽく。E353系が到着したところ&アルピコバス。
190102_13.jpg

中央線でも活躍した横須賀色も似合います。
190102_14.jpg

さぁ、そして最大のみどころはやはり車両群。
今回も、様々な素晴らしい車両が並びました。皆さん、本当にすごい。
190102_7.jpg

190102_8.jpg

190102_9.jpg

190102_11.jpg

190102_12.jpg

190102_17.jpg

190102_18.jpg

190102_19.jpg

190102_20.jpg

190102_21.jpg

今回初めて、3Dプリンタによる自作車両が登場。
すっかり最近のトレンドになりつつありますね。すごい時代だ・・・
190102_15.jpg

190102_16.jpg

今回、スペシャルゲストで東京から北海道へ向かう途中の福遠さんにお越しいただきました。
ということで、歓待の意味も込めて関東私鉄のプラレールも登場。
190102_10.jpg
と言いつつ、実は大阪モノレールっぽい組み合わせがテーマ。
阪急マルーンのラッピング、2100系風の京急ラッピングが実車で存在するのですが、
加えて最近デビューした新車のカラーリング、京王の5000系に似てませんか??
写真右下の信号機は、Minamiさんによる信号システムが組み込まれています。

最後にレイアウト全景を。合理化前の、往年の姿です。
190102_22.jpg

190102_23.jpg

運転会の様子は、ぜひこちらもどうぞ。暁さんによるレポートです。
合理化って何?という方はぜひご覧ください。
🍛平成最後の彩都運転会 🍛(ハジケレポート)

いつもご協力いただいているメンバーに感謝しつつ、
今後もプラレーラーが集まれる場を作っていきたいと思います。
posted by じゅん at 11:26 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする