2018年02月06日

京都鉄道博物館でEH800を見る!

2018年1月20日(土)〜28日(日)の間、京都鉄道博物館で特別に「EH800形電気機関車」が
展示されるということで、桃太郎や金太郎といえば鬼退治や鉞担いで熊に乗るのではなく
コンテナを引くものだと思っている息子と、
「EF66がカッコいい。汚れてれば汚れてるほど頑張ってる感じでイイ。」という、
謎の貨物萌えに最近目覚めたらしい奥さんと一緒に見に行ってきました!

早速、EH800形電気機関車!
180204_25.jpg
2016年3月の北海道新幹線開業で、本州と北海道を結ぶ青函トンネルを含む区間が
在来線と新幹線の共用となり、それまで使用されていた機関車が走れなくなるのを機に、
JR貨物がEH500形電気機関車(ECO-POWER金太郎)をベースに新しく製造した機関車がEH800形です。
北海道新幹線開業に先行して2012年に登場し、普段は西日本エリアへやってくることは無いので、
見られるだけでも貴重です。
鉄道ファンの方にはことさら説明の必要はないと思いますが、
形式名の「EH」の「E」は動力源、電気機関車なので電気(Electric)の「E」、
「H」は動輪の数が8軸あることを示していて、2車体が連なる大きなサイズの機関車で、大迫力!

第1エンドには専用のヘッドマークが取り付けられていました。
別の日にはトワイライトエクスプレスのヘッドマークが取り付けられていたりしたようです。
それはそれで見たかった。
180204_29.jpg

反対側の第2エンド側から。
180204_26.jpg

第2エンド側の下部には不思議な膨らみがあり、何だろうと思っていたのですが、
あとで調べたら新幹線と同じデジタル列車無線システム用のアンテナが入っているのだとか。
180204_27.jpg

展示線には上部に通路が備えられていて、屋根の上からもじっくり見られるのがいいところ。
180204_30.jpg

180204_31.jpg

大柄な車体ですが、鮮やかな赤に軽やかにあしらわれた白&銀のラインがシャープでかっこいい。
実物を見て、お気に入りの機関車になってしまいました。
180204_28.jpg

機関車と一緒に、コキ107形とコンテナ等も展示。
180204_32.jpg
北海道からは農産物が全国に向けてたくさん出荷されていますが、この輸送を支えているのが
青函トンネルを通る貨物列車です。なかでも玉ねぎは北海道から本州へ輸送されるうちの
約70%がこのように貨物列車で運ばれているのだとか。

180204_33.jpg
19D型コンテナと49A型コンテナ。

19D型コンテナといえば、先日コンテナを取り囲んでプラレールを作ったりもしました。


31フィートと大きなサイズの49A型コンテナには、コキ107へ上って中に入ることもできました。
180204_34.jpg
これも貴重な体験でした。

珍しいものを堪能しつつ、館内のほかの展示をたっぷり満喫。

続きを読む
posted by じゅん at 09:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月05日

クルーズトレインDXシリーズ TRAIN SUITE 四季島 登場!

発売前から話題となっていた「TRAIN SUITE 四季島」のプラレールが遂に登場!

クルーズトレインDXシリーズ TRAIN SUITE 四季島
180204_9.jpg
「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイート四季島)は、JR東日本が2017年から運行している列車です。
専用ラウンジが備えられた上野駅を出発し、1泊2日もしくは3泊4日で東北や北海道を巡り、
再び上野駅へ戻ってくるというクルーズトレイン。
ちなみに、一人あたり1泊2日コースで32万円〜67万円、3泊4日コースで74万円〜141万円と、
お値段も豪華ですが、最高のサービス、最高の料理、最高の列車でゆったりと旅ができるとあれば、
決して高くはないのかもしれません。乗ってみたいなぁ・・・。

実車は展望車・ラウンジ・ダイニング・スイート(客室)を備えた10両編成ですが、
プラレールでは10号車を先頭(動力車)として、(左から)10号車 VIEW TERRACE いぶき(展望車)、
7号車 四季島スイート/デラックススイート、6号車 DINIG しきしま、
180204_10.jpg

5号車 LOUNGE こもれび、2号車 スイート、1号車 VIEW TERRACE きざし、の6両編成。
180204_13.jpg

逆サイド。(先ほどと逆の順番になっています。)
180204_15.jpg

180204_12.jpg

先頭の動力車となる10号車とラウンジカーの5号車を除いてプラキッズが乗車可能となっており、
トレインクルーと乗客のプラキッズが1体ずつ付属しています。
180204_11.jpg

180204_14.jpg
プラキッズをもっとたくさん乗せたくなりますね。

さらに注目なのが、先頭車両とラウンジカー。
なんと、ヘッドライトが点灯し、車内灯がつくのです!
180204_16.jpg
新幹線など一部車両でヘッドライト点灯はこれまでにもありましたが、車内灯は初めて。

暗くしてみました。これはいい・・・あと5000円払うから全車車内灯つきでも良かった(笑)
180204_17.jpg

定価5,000円(税抜)と、プラレールでもなかなかのお値段ですが、それも納得。
シャンパンゴールド(「四季島ゴールド」というらしい)の車体色も綺麗に再現されていて、
飾ってずっと眺めていたくなりますね。

さて、気になるのが「クルーズトレインDXシリーズ」の「シリーズ」。
シリーズというからには、他のクルーズトレインもDXな感じで登場することに期待せずには
いられない訳で、そうすると「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」とか、「ななつ星in九州」も・・・?
ななつ星は商品化にものすごく高いハードルがあるというのはよく聞きますが、はたして。
個人的には「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が楽しみです。
というわけで、みんな買おうね!(笑)
posted by じゅん at 09:00 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年02月04日

一畳プラレール in ほっこりスタジモ2018〜でんしゃだいすきっ子まつり〜

2018年ひとつめのイベントは、「スタジモにしのみや」で!
「でんしゃだいすきっこまつり」で、プラレールの立体レイアウトを作ってきました。
180106.jpg 180106ura.jpg

スタジモにしのみやでは、11月に阪急「西宮北口」駅を再現するワークショップをやりましたが、
(詳しくはこちら→「プラレールで阪急西宮北口駅を再現しました!」
今回は「一畳プラレール」を作る様子をご覧いただくライブ設営。
無事に時間内にできあがるのか!?イベント成立の可否を大きく握るので、責任重大です。

当日は一畳プラレールタワー部分のみを作る作業に集中してできる限り上に伸ばすため、
土台部分や平面レイアウトの部分は前日にある程度作っておいて、迎えた当日。

勢いあまって4段分まで作ってしまっていますが、ここからスタート!
180204_5.jpg

開始と同時にお越しいただいたお客さんもいらっしゃって、
思ったよりもたくさんの人に囲まれながら熱気溢れる設営となりました。

あっという間に目線の高さを越え、身長の高さを越え、孤軍奮闘・悪戦苦闘しながら
時間どおりになんとか完成!
180204_1.jpg
23段のタワーに、10編成の列車が走ります。

180204_2.jpg
タワーだけでなく、平面レイアウトも組み合わせ。

こちらにも、たくさんの列車が行き交います。
180204_3.jpg

車両基地には、発売されたばかりの「或る列車」や「ホビートレイン」も展示。
「走らせて!」と大人気でした。
180204_8.jpg

大きなショーウィンドウ越しに、外からも大注目。
180204_4.jpg

同じ阪急西宮ガーデンズにあるジョーシンさんともタイアップ。
お買い求めはJoshinへ!
180204_7.jpg

他にも、阪急電鉄の制服を着ての記念撮影コーナーも登場。
ただしちびっこ限定です。いいなぁ(笑)
180204_6.jpg

一仕事終えたあとは、プチ講座でお話をするという大役も仰せつかり、
しどろもどろになりながらなんとか終えて、最後は解体ショーののち、撤収。

スタッフさんによるレポートはこちら。
ほっこりスタジモ2018〜でんしゃだいすきっ子まつり〜開催!!
なんと、開館して以来最高の来場者数だったとのこと!

一日だけのイベントで慌ただしさもありましたが、
プラレールの楽しさや一畳プラレールの魅力が伝わっているといいなぁと思います。
ご来場いただいたお客さま、スタッフの皆さま、どうもありがとうございました。
posted by じゅん at 19:04 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月10日

クリスマスイベントでプラレール2017

昨年の5月、最後かも?というイベントに呼んでもらった西宮のマンションギャラリーから、
最後の最後でもう一回だけするよ!とお声がかかったので、行ってきました!
前回の様子はこちら→ラストを飾るレイアウトは・・・
結果的に前回のはラストにはならなかったので、タイトルに若干の齟齬が生じましたが
それはそれとして(笑)、正真正銘のラストで張り切ってレイアウトを作ってきました。

プラレールコーナーに入って正面に、床から立ち上げた2畳サイズ島が鎮座。
180108_1.jpg

180108_3.jpg
イベントは12月。クリスマスの時期ということで、鉄橋や橋脚の配色もクリスマスバージョンです。

180108_2.jpg
この2畳島と、机上側の立体部を空中で接続。今回の全景です。

180108_4.jpg
机上側で架橋を受ける立体部は、大鉄橋十字クロス。

180108_5.jpg
十字クロスの裏側はくねくねゾーン。

180108_6.jpg
机上側の外周は新幹線レーンで、十字クロスの前に駅を設置。

180108_7.jpg
新幹線駅の脇には、最近お気に入りで使い方を模索中の切り通しレールを使って再び貨物線風に。
やはり似合います。

180108_9.jpg
リニアライナーも設置しつつ、その内側には車両基地と転車台を備えた複線エンドレス。

車両基地と転車台。
180108_8.jpg

180108_10.jpg
車両を飾るだけでかっこいいので、隙あらば取り入れていきたい情景です。

この正真正銘のラストイベントで、2017年のプラレールイベントもおしまい。
お世話になった場所で一年を締めくくることができて良かったです。

そして、2018年最初のイベントへ続く・・・
posted by じゅん at 00:22 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年01月03日

或る列車&ホビートレインを開封&SPセット品を入手!

プラレール博では今後の新製品がいろいろと公開されていましたが、
最近発売になった話題の製品や、廃盤品をいろいろとゲットしていましたので、まとめてご紹介。

まずは新製品から!
180101_1.jpg
・すみっコぐらし山手線ラッピングトレイン
・JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車
・KF-02 JR四国 「鉄道ホビートレイン」 プラレール号
の3種類!

特に気になる、或る列車とホビートレインを早速開封。
180101_2.jpg
「ななつ星」に次ぐ、九州で10番目の観光列車として走りはじめた「或る列車」。
ななつ星にも負けない豪華な車内で、九州の食材を使用したスイーツコースを楽しめる列車です。
まず目をひくのはその黄金色に輝く車体。事前の画像ではまさに実車通りの金ぴか!でしたが、
発売された製品はちょっと色が薄くなっちゃったかなー、という感じ。
でも雰囲気はばっちりです。黒と金であしらわれた、細かい唐草模様もいい感じ。

180101_3.jpg
2両目にはプラキッズが乗ります。テーブルにはスイーツが。

180101_4.jpg

180101_5.jpg
新しいタイプの台車構造。
一部の貨車などで採用されていた、小径の車輪がついています。
見慣れないのでまだ違和感もありますが、今後増えていくのでしょうか。
次は「四季島」でも採用されているようです。

続いてはホビートレイン「プラレール号」。
180101_6.jpg
JR四国のキハ32形というディーゼルカーを、0系新幹線を模した形に改造してしまったという、
実車の登場時からコンセプトと一度見たら忘れられないビジュアルで大きな話題となりました。
当初は「海洋堂ホビートレイン」として海洋堂とのコラボで走っていましたが、
2013年から「鉄道ホビートレイン」として走っています。
2017年3月からは、車内の展示をプラレールに一新し、プラレール号として運行。
よもやプラレール化か!?と期待されていたところ、ようやく満を持しての発売となりました。

実車でいうところの全面窓が黒く塗られていないのは、“あえて”でしょうね。

180101_7.jpg
気になる後ろ側。他車との連結を考慮して、こちらはもとのままの平たい顔。
それでも、団子鼻とヘッドライトが描かれていて、とぼけた感じの顔に笑ってしまいます。

サイドビュー。
180101_8.jpg

180101_9.jpg

次はこちら。
180101_16.jpg
・ぼくもだいすき!たのしい列車シリーズ ライト付東京メトロ銀座線 1000系
・京急新1000形 KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN
京急イエローハッピートレインの方は、車体側面扉を「シルバー」から「イエロー」に
塗装を更新した姿を再現したもの。つまり、前に買ったものとの違いは扉の色(と種別・行先)だけ・・・
これで、買うのか・・・?と迷ったものの、違いがあるなら買わねばなるまい、と購入。
銀座線は2012年11月に発売された「銀座線ダブルセット」に入っていた1000系の再販ですが、
屋根上のクーラーなどの塗り分けが若干省略されているようです。

お次は中古で手に入れたものたち。
といっても、いずれもセット品バラシの中袋未開封状態で売られていたので、実質新品。
ひとつめがこちら。東武スペーシア。
180101_10.jpg

180101_11.jpg
カラー変更前の通常品?と思いきや、「鬼怒川温泉」行きのシールが貼られていますので、
「スペーシアきぬがわ号&485系日光号ダブルセット」(2006)のものでしょうか。
「東武鉄道スペシャルセット」や通常品は行き先がなかったように記憶しています。
485系日光号は2年ほど前に入手していたので、これで揃ったのかな。

ふたつめ。E231系 常磐線。
180101_12.jpg

180101_13.jpg
2015年にプラレールショップ限定で発売されたもの・・・ではなく、
「JR東日本スペシャルセット2」(2003)に入っていたもの。
見分けるポイントは、新メカボックスか否か、行先表示、帯の色あい。
ショップ限定品は行き先が「品川」行き、帯も色が明るめでハッキリしています。

みっつめ。E531系。
180101_14.jpg

180101_15.jpg
こちらも通常品?と思いきや、「常磐線スペシャルセット」(2007)のものですね。
単品販売の通常品は、中間者が2階建てのダブルデッカー車になっていて、
平屋の中間者はこのスペシャルセット品のみ。割とレアもの。

先日のサウンドE501系に続いて、図らずも常磐線が充実してしまいました。

しかしまぁ、どこのお店とは明かせませんが、
十年以上前のセット品のバラシが新品で出てくるっていうのはなかなか謎深い・・・
posted by じゅん at 21:56 | Comment(0) | 車両 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする